-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ランチタイム・シンデレラ」/小川いら(紺野けい子) | main | ビブロス・街での調査 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビブロスが倒産ですって!?
うわーい、出張終わって家だよ、ご飯美味しいよ、
ネット(BLの分野)がじっくりできるよ、と喜びに震えていたら
ハヤテさんと失礼します(名前ではないですよ…ね?)さんからの
情報「ビブロス倒産」の文字を見て震えあがりました。

調べたところこんな(↓)ソースが。

女性向けコミックスやノベルスの出版社、
ビブロス(東京都新宿区)が5日、倒産した。

負債は約20億円。同社は1988年設立で、
「マガジンBE×BOY」など、女性向けの
いわゆる「ボーイズラブ」作品ブームの火付け役となった。
昨年12月に「オタクエリート」という雑誌も創刊した。

代理人の弁護士によると、同じグループ会社の自費出版会社、
碧天舎が3月末に倒産、その影響で資金難に陥ったという。


5日の新聞ですって。わあ、時代遅れな私。

設立20年が目前、というところまできていた
ボーイズラブの老舗的出版社の存在がなくなるのは
とても痛い。と言ってももう倒産しちゃったんですけど、
なんと共同出資のハイランドも倒産したようです。
ハイランドといえばラキアやアンソロジー。
こちらもねぇ…段々と存在感を感じてきたのに。

…2つも一気に会社がなくなり、
レーベルとしては小説ラキア、黒ラキ、
ビーボーイノベルス、ビーボーイコミックス…
考えただけでも軽く4つは消えますね?恐ろしい。

困っているだけでは仕方ないので先の希望的予想をしてみました。



自問・掲載していたものは全て消えてしまうのでしょうか?

自答・全てはなくならない。と思う。

まあ、何より大切な作家さんについての観測なのですが。

小説でもコミックでも人気作家はBLらしいというか、
複数の出版社にまたがって掲載していることも多いため
おそらく人気作家は残ることはできると思います。

特にシリーズを掲載中の人気作家は他社が引き取るかも。
たとえばビーボーイコミックスだけでも
ファインダーシリーズのやまねあやのさん、
神様の腕の中シリーズのねこ田米蔵さん、
SEX PISTOLSの寿たらこさん…etc。
同業ならこれらの商品的価値(生々しいな)は
理解できるはずでしょうから。

もちろん、一番望ましいのはそのままそっくり
ビブロスから他社が引き取るかたちなんですよね。
新しく立ち上げるよりは簡単に軌道に乗るし、
ビブロスから担当者も引き上げればより良いんですよ。

ビブロス自体の業績・経営には問題なかったのですから、
社員の能力と経済的価値だってかなりプラスのはずですよね。
さらに自社の流れとの相互相乗効果で
より良いものが生まれるかもしれませんし。

…そこまで都合よくいくかなぁ…w
いや、でも希望も込めて、お願いします、
BLを大切にしてくれる会社様、名乗りをあげて下さい。


また、過去の人気シリーズが重版できない分も
含めて持っていってくれると嬉しいんだけどなぁ…
これは特に小説。ラピスキュリオやルチルみたいに
イラストをかえて再版でも良いですし。

なんとかビブロスが培ってきた知識と経験、
そしてBLの正統なるブランドをこんなことで失って欲しくない、
そう思うばかりです。


これからのBLにとってこれが良いことなのか
悪いことなのかは分かりませんが、
みなさま、行く末を見守ることとしましょうか…。
(倒産自体はもちろん悪いことですよ!)


ということで「クマとインテリ」はまた今度〜♪
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |