-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ビブロス・街での調査 | main | BLゲーム「ハンクス・ワークショップ!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「クマとインテリ」/basso
昨日、経験したことの無いカウントを記録したため
一夜で一気に40000を超えてしまいました。
嬉しいんですけれども、記事が記事だけに
素直に喜べないのが悲しいことですね。

しかも数えてみたら「ビブロスが倒産ですって!?」の記事が
「ゲイ&腐〜」の200件目の記念すべき記事でした。
一生忘れない苦い思い出になりそう…。

何はともあれ、ここまで続いたのは皆様のおかげです。
ありがとうございます m(_ _)m


さーて、暗い話はやめっ!
気を取り直して「クマとインテリ」の感想です。
かのんさんや秋さんのコメントや、
Webclapでも数人の方にオススメいただいた作品。

「イタリア男、スーツ、眼鏡」がテーマ…って
BLもそこまできたか、という感じですねw

それでは以下、ネタバレ感想です。





☆小粋な一冊

作品を細かく書いていきます。

1・「コンテ con te」
熱血政治家・アルビーノ×お気軽ゲイ・ネーリ


con te=訳すと「貴方と」という意味…のはず。
インテリ好きなネーリはアルビーノに自分の好みを押し付けてしまう。
アルビーノが真剣に取り組んでいる活動に否定的なことを言ってしまい、
嫌われてしまいます。その後、街頭演説をしているアルビーノを見て…

このみ=スキは一致しないよね、という話。
結局好みなんて入り口ではあっても、終着点では無いのに、
お互いに好きなのに、どちらも好みにこだわり過ぎて
振りまわされている姿がとても細かく描写されていて、素敵でした。
ん〜、1話目にして40代が登場しているのが嬉しいですねw


2・「クマとインテリ orso e intellettuale」 ←1番好き!
写真家・ブルーノ×政治家・ファウスト


orso e intellettuale=訳してもそのまま「クマとインテリ」ですw

前首相でもあり、お飾りの党総裁でもあるファウストだが
その彼の唯一の遊びは若い男と遊ぶことだった。
しかしバカンスで出会った、好みとは全くかけ離れた
クマ系の写真家・ブルーノと行動をともにしているうちに
諍いをし、犯られてしまう。が、実はブルーノが
ファウストの孤独を理解していて、告白してくれた彼に
ファウストは惹かれるが、なんとブルーノはパパラッチで…

人間不信なインテリと情熱的なクマのお話。
これも好みじゃなくても恋はする…話かな。

インテリことファウストの恋の自覚と裏切られた表情、
人を信じるのを諦めるときの情けない顔、
そしてブルーノの口説き文句と告白がとても素敵。
惹かれるよ、この表情の捉え方は…。

あとですね、全編に亘っていえることなのですが
朱のさした頬の描きかたがすごくかわいい!
老眼鏡の下の赤らめたホホ…ぐわっ、萌えるっ!
「次の選挙用のポスター写真…君にまかせる」と言った時の
表情を妄想するだけで…ムフフなお話です。


3・「マニフェスト manifesto」
落書き男×政治家の下っぱ秘書


manifesto=日本だと公約の意になってしまいますが、
「ポスター」だったり、「明らかな」だったりするんですね。
どっちもこのお話にぴったりなのです…恐ろしい子、basso!

ラクガキをしていた男にムシャクシャしていた秘書は
その男の顔にラクガキをし返してしまう。
すぐ後悔した秘書は選挙前で問題になったら困るため
口止めを乞うが、ラクガキ男が出した交換条件は
『秘書のバックヴァージン』だった…

bassoさんが自ら仰っている通り、1番BLっぽいです。
老眼鏡もヒゲもオヤジも出てこないですしねw

久しぶりに恋をしちゃう秘書さんのお話なのですが…
秘書の気持ち、とてもよく分かりますw
私、恋愛体質とは逆なので、
次までの一つ一つのスパンが長いんです。
なので、久しぶりに恋をすると、自分のことが
わけわからなくなってしまうんですよね〜。
いやはや、読んでいて自分を見るようで恥ずかしかった…w
実体験を思い出させるマンガって
なかなか無いですよね。これも好きなお話でした。


4・「ジェラートにまつわる三つの短編」
a・ジェラート談義 discorso del gelato

訳はそのままですね。というか、こっから先は全てそのままです。

ジェラート好きな三人の青年が延々とジェラートを食べながら
語り合うだけのお話。この三人の関係性が読めないです。
ジェラート屋の息子が男と結婚する話の中で、
「お前らも結婚するか?」と言ってるからゲイなんでしょうけど…。
良い友人?むー、ご意見お待ちしております。

b・追われる男 uomo che e stato inseguito
「マニフェスト」の二人の続きです。
立候補した下っぱ秘書がラクガキ男との関係を
精算しようと逃げるのですが、ラクガキ男は追ってきて…
ここではジェラートが二人をつなぎとめる役割です。
Hシーンではないのにジェラートを指ですくって
食べさせる仕草がものすっごくエロティックに
感じるのは私だけでしょうか。

c・昼下がりの部屋 la camera del primo pomeriggio
ジェラート談義で話題に上がったジェラート屋の息子たちのはず。
親より許しを得られたゲイカップルのお話。
10も年上の男との結婚。おめでとう、といいたくなる
このしみじみとしたラブラブぶりがすごく心地よい…。


5・「シーガロ sigaro」
4ページの短編。葉巻を愛するメガネとハゲ+ヒゲのお話。
「葉巻の味のする俺を好きでいろよ」‥ヘヴィスモーカなんですね。
タバコのキスは変な苦い味(タバコ嫌いです)ですが、
葉巻の味は味わったこと無いので一回してみたいですねw
ヘヴィスモーカを諦めちゃってる感じのハゲの表情が良い!

6・「金持ちと修理工 ricco e riparatore」
メガネのオヤジがトイレや配水管の点検をしているうちに、
なぜか金持ちが自分のための豪華な食事を作ってくれていた…というお話。
金持ちの気まぐれなのか一目ぼれなのか、
微妙なラインですねwいいなあ、修理工になろうかなw

7・「黒山さんのニオイ」
メガネオヤジリーマンの黒山さんと
若いリーマン雲井のメガネフェチ物語w
「酔いつぶれた黒山さんのメガネをはずすのが好き」…って、すごいフェチだ!
これだけ細い線ですね。ペンが違うのかな?


メチャクチャ長くなりましたね〜。

今までに無い魅力のBLです。
線も荒々しさを感じさせるタッチだし、
身体の線もBLっぽい麗しさとは違うし、
表情もお世辞にもきれいな顔とはいえない。

でも、動くんですよ、絵が。
目や表情がカメラ目線なバッチリ決めた表情じゃないだけに
感情の流れや動きを感じさせるんです。
特に眼!BLのキラキラ系のオメメではない、
むしろ写実的なその眼がもの凄く多弁…。


オヤジだメガネだインテリだ、という類型的な単語よりも
見るべきところはその表情と、ストーリーです。
BL読みの見る目は高いんだなぁ…。
オヤジにはちょっと、という方でも
読む価値はあるんではないかと思います。

オススメの、一冊です。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |