-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 仕事とカミングアウト | main | 5月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「The MANZAI 1・2」/あさのあつこ
自分の中の定義では、あさのあつこ氏は
「バッテリーの生みの親」であって、
巧姫や豪ちゃんに萌えている身としては
他の作品なんて浮気も同然、とさえ
思っていたのですが(おお振りは良いくせに…)、
つい好評に誘われまして手を伸ばしました。

これがですね〜、やってくれるぜ。あさのあつこ御大。
だってさ、これ…(以下続く。少しネタバレ)



The manzai 1
The manzai 1

あさの あつこ〔著〕
ジャイブ (2005.12)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

The manzai 2をAmazonで見る

☆オススメ!!

☆あらすじ

様々な事情を抱えて転校してきた瀬田歩(せだ・あゆむ)は
ある日、クラスメイトでサッカー部の次期キャプテンと噂される
秋本貴史(あきもと・たかし)に呼びだされた。

彼とほとんど話したことの無い歩にはその理由がわからなくて、
てっきり歩は暴力行為に遭うと思っていたが、
ところが、歩の耳に入ってきたのは、
「おれとつきおうとくれや」という貴史からの申し出だった…。

・  ・  ・  ・

この秋本の率直かつ巧みな話術についのせられて
漫才コンビを組むことになり、学園祭の劇で
ロミオとジュリエットの漫才版をやることになる一方、
また登場人物それぞれの抱える心の痛みや
中学生ならではの人生の疑問を題材にしている…のですが。

(上からの続き)

だってさ、これ、もろBLじゃん!

何よりまず、最初に読み終わって思ったのがそれでした。
絶対に狙ってるとしか思えません、あさのあつこさんは。

この秋本のセリフが世間に受け入れられているとしたら、
二人のいちゃいちゃがおかしくない世の中だとしたら、
もう、BLは誰でも読める世界じゃないですか?w

BL履修課程
小学生:「あさのあつこ」
中学生:「月村奎(H少なく良作、という点で。同じ要素なら他でも可)」
高校生:「登場人物の心情とカップリングを理解する」
大学生(BL文学科):「お気に入り作家について論評&討議、卒論製作」



などと、BLのエリート教育を夢を見せるくらい、
バッテリーに負けず劣らずのいちゃいちゃぶりでしたよ。


まずこの衝撃的な出だし。
「おれとつきおうとくれや」
くわっ、関西弁攻め萌えっ!

本当は漫才のコンビの申し出なんですが
歩はあのおつきあいと勘違いしてしまったため、
「まぎらわしい」と言い返したとこにまたもや秋本は
「ふたりでやることって、漫才よりほかに、なにがあるんや?」
と、ぼけるのです。マジなのかっ!?それとも言葉攻めかっ!!

「とぼけて優しい秋本が良い子なんだよね」と
腐要素を持ち合わせていない方は思うのでしょうが、
私は言葉攻めが好きな大型犬系むっつりスケベと見たわっ!(お前だけだ)

歩もさ、中学生になってもジュリエットできるぐらいの
美少年系でさ…んもう、あさのせんせいったらw

この堂々たるBLっぷりが、私は大好きです。

一応表(?)ではメグというキャラを交えて三角関係。
秋本→(コンビで好き?)→歩→(好き)→メグ→(好き)→秋本…
なのですがどう見たって、噛ませ犬だろ、メグよw
それで良いのよ、BLなんだから!(あれ?違う?)
少なくとも男に宣戦布告するヒロインは居りませんものね。


バッテリーよりは登場人物がもつ悩みも
また一般に近いので共感しやすいかもしれません。
BLとして読むのが一番楽しいですが
普通に読んでも面白いです。
狙いすぎですが、なかなかのオススメです。

P.S.あさのあつこさんもBL浸透の功労者。
| [その他]あさのあつこ特集 | 21:58 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:58 | - | - |