-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「饒舌な試着室」/鳥人ヒロミ | main | 「君と緋色の恋を抱き」/高月まつり(夢花李) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新聞で気になるBL
今朝は休日。ゆっくりと新聞を読める日。
昨日はとても早く家を出たので、
昨日の日刊から読んでいましたら
朝日新聞のあるコラムが目に付きました。

「執事喫茶」

これはもしかしてあの執事喫茶!?
ネットでも全く同じ記事と画像がありました。→そのニュースはコチラ

うん、どう読んだって見たってあの執事喫茶。
おお、全国ネットにて紹介されるとは…!
インターネットだって全国ネットなわけですが
新聞という媒体で書かれるのはまた別の新鮮さがあります。

ただ、私としては記事にも書いてありますが
渋いオジサマが欲しいです、執事というからには。
でも、なんだか嬉しいですね。


また、今日の新聞では講談社の新刊案内で
「井村仁美」の名前を見つけまして…



それがですね、これ(↓)だったんです。

アナリストの淫らな生活
アナリストの淫らな生活

井村 仁美著
講談社 (2006.4)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

でもって、一行案内文がこれ(↓)。
「若手アナリストが危ない恋に翻弄されて…?」
どう見ても「アナリストの憂鬱」シリーズっぽいんですけど。
うーん…アナリストシリーズの新刊か?
だったら嬉しいけど「愛のレイティング〜」で
最終巻だって書いてあったしなぁ・・・。

中身を確かめるべく書店へ向かいました。

なんとこの本は、おなじみのホワイトハートではなく、
あの一般レーベルの講談社文庫で再版したようです。
中身はまんまアナリストシリーズでした。
内容は新刊ではありませんでした。がっくり。

問題・何で今さら一般レーベルで出したのか?

仮説1・BLレーベル以外でも行けると踏んだ。
仮説2・挿絵がなければ見られても恥ずかしくないという考慮。
 ↓
反証1・一般官能小説と勘違いしてしまう被害者が多そう。
かろうじて裏書きと帯に「男たちのムフフな物語」
書いてありますが、複数でやってるだけと間違うかもね。
(しかもなんだ、ムフフな物語ってアオリは)
もしかして間違えさせるのが狙いですか?w

反証2・タイトルがこれでは意味が無い。
結局カバーをすることになるんじゃないでしょうか。
元の「憂鬱」で通せばよかったのに。
一般官能小説の近くにあったのが哀しい。


回答・正直言って、講談社、わけが分からないです。

小野不由美さんの「十二国記」シリーズも
ホワイトハート版と一般レーベルで出版されてますが、
あれはBLではないファンタジーだからまた別問題ですよね。

うーむ、なんなんだろう・・・ご意見、推測、お待ちしております。
| [その他]BL関連書籍・雑誌 | 22:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |