-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLゲーム・「スーツを脱いだあと…」 | main | 「許可証を下さい!」シリーズ・1〜4/烏城あきら(文月あきよ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Movie・「PRODUCERS」
昨日で50000hitでした&しかも777hitでもありました。
ありがとうございます〜!
これからもBLを中心にお送りしてゆきます。
よろしくお願いしますw

…のわりに今日の記事はBLじゃなかったりする。
マイデビルボイス:良いんですよ、中心だから(開き直り)。


さて、ブログ「オレノカレシ」のくろすけさんの
記事を読んで気になり、昨日見に行った映画です。

http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/site/
(公式サイト)

記事通り楽しかったですよ〜。
なんてったって「ゲイに!ゲイに!」ですからw
あ、ここでのゲイって陽気って意味ですよ。

それではあらすじ感想どうぞ。




あらすじ

かつてブロードウェイの王様と呼ばれた
映画プロデューサー・マックス
今では老婦人のご機嫌を取って小切手をせびって生活、
新作は初日が楽日になるという体たらく。

そんな彼の事務所に会計士のレオが帳簿を調べにやって来た。
そこで彼が帳簿のからくりに気が付く。
出資金を集める→ショウがこける→配当を払わなくてすむことにより、
余ったお金はプロデューサーの懐に入る…という、
「打ち切りの方が利益が出る」ということだった。

持ち前のつまらないショウに加えて、素人監督レオ、
史上最低の脚本、最低の演出家、を巻き込んで
打ち切り確実のショウを作ることになる…

・  ・  ・  ・  ・  ・

最初っから最後までずっと歌い通し、踊りっぱなしな感じでした。
音楽に乗せないセリフの方が少ないくらいですw


その激しさに負けずして、演出でも
結構きわどい描写が盛り込んでありました。

のっけからマックスとおばあちゃんのいちゃつきあい。
しかもおばあちゃんのねだったロールプレイ=演技は
「ミルク絞りの娘と巨根の青年」
あなた、元フ○ンス書院の編集者さんですか。


それから「オレカレ」でも詳しく書かれている
ロジャー・デ・プリー演じるゲイリー・ビーチの屋敷でのシーン。
ここでですね、ゲイの目白押しですよw
恋人兼アシスタントのオカマ系ロジャー・バート、
レザーにギャランドゥがまぶしいハードゲイ、
紫のタイトなパンツが激しいもっこりゲイ、
インディアンにセーラーにアラビアン…。
彼らが皆揃って「ゲイ!ゲイ!」と歌うのですよw
いったい同じ屋根の下でなにをしているのかしら…ムフフ。

好みとしてはアラビアンなゲイが素敵でした。
美味しそうな上半身裸の褐色の肌とターバン…。
乳首に銀色のシールを貼ってるのも似合っちゃうね!w
ランプの中の魔人がこんなんだったら良いのに!
そんなこと聞いてませんね、はい。


そして目指せ打ち切り映画でのシーン。
キャーッ、ナチ服だ〜ッ!
ナチスはだいっ嫌いですがナチ服はツボです。
これを着た作中劇のナビ役の人がスゲーかっこいい!
短い金髪と碧眼、よく通る歌声と軽快な動き…
彼はいったい誰!?情報求むw

そのあとの囚人服のミュージカルでもエロティックで…お腹いっぱいです。


別にそんな目線だけで見ているわけでもありませんよw
レオを演ずるマシュー・プロデリックの歌声は素晴らしく、
ところどころにこめられた笑いも楽しめ、
ミュージカル映画のくせにミュージカルを
シニカルにコメディにしている姿勢も面白かったです。

みんなとても良く動いて歌っているので、
なんだか自分も歌い踊れそうな気分にさせてくれます。
これ、ミュージカルの醍醐味ですよね。

ゲイたちの動きもすごくユーモラスにコミカルに、
でもけなしているわけではない自然な演技で不快じゃない。
きっと、愉快になれる映画だと思いますw

みなさんも、キープ・イット・ゲイ!

P.S.最近小説の感想書いてないなぁ…。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |