-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Movie・「PRODUCERS」 | main | 「神様の腕の中」シリ−ズ/ねこ田米蔵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「許可証を下さい!」シリーズ・1〜4/烏城あきら(文月あきよ)
この本の感想を書こうかな〜という気になったとき、
先日の出張で行った工場を思い出しました。

行ったときはその辛い環境に
オフィスワーカでよかったと思いましたが
「弘(受)はあんなところで働いてるのね…」と考えたら
アーラ不思議、「工場も良いかもね!」な気分に。
ふっふ、現場の人々は工場でBLのことを
思い浮かべるオカマがいるとは思うまい…w

もちろん気分ですが、そんな気分になるほど
工場・現場・ガテンな作品です。
それではあらすじ・ネタバレな感想です。



許可証をください!
許可証をください!

烏城 あきら著
二見書房 (2003.11)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
(続刊のリンクは全てAmazonです)
慰安旅行に連れてって!<許可証をください!2>
嵐を呼ぶ台風!?!<許可証をください!3>
ただいま定修中!<許可証をください!4>

☆オススメ!!

あらすじ


中小化学薬品製造業・喜美津化学の品証(品質保証)部に勤務する
阿久津弘(あくつ・ひろし)は喜美津化学初の
四大理系卒のホープとして期待されている身。

そんな弘が社命でフォークリフトの免許を取ることに。
慣れない中、指導係として遣わされてきたのは
製造部の若頭・前原健一郎(まえはら・けんいちろう)。

前原は高卒でこの工場で働いているため、
弘と同い年であるにもかかわらずにもう1人前の働く男。
同僚からの信頼も厚く、独特の迫力と風格を持ったこの男に
弘はとある出来事がきっかけで苦手意識を持っていたのだが、
前原の方はなにかと弘に声をかけてきて…。
それなりに平和な工場ライフを送っていた弘を襲う、
前代未聞の“男×男”関係、ガテン系濃密ラブ。

(「許可証を下さい!」のうしろがきに加筆)

・  ・  ・  ・  ・  ・ 

確かに前代未聞なんですよ。
濃密&ガテンだからって受け攻め両方がマッチョなどの
ゲイ系では無いのですけれども、前代未聞です。
工場で作業服ではたらくBLって。

フツーBLで働くといえばリーマン、社長、医者…、と
まあ、萌えな服が主流ですよね。
そこを敢えて男くさい現場を持ってくることで、
非常に新鮮に、かつ強烈に働いている印象があります。
それを裏付けるかのように仕事の描写、
とりわけ専門知識は半端ではありません。
というか、品証という部署があるのは知ってたけど
何やってるのかなんてこれで知りましたw

その忙しい製造業をメインに持ってきているために
いちゃいちゃしている時間はあまり多くないのですが、
その分描写は濃い目。すごく、エロい。
忙しいのに時間が無く、焦ってHする場面や、
嗅覚的・感触的な描写部分がとても巧い。
…って私、官能小説評論家かよ…(そんなのいるのか?)。

でもね、本当に巧いんです(まだ続けるよ!)。
お気に入りなのはイク瞬間がずれていることの多さ。
それはBLでは少数派ですが、
ちゃんと男の生理にかなっている早さですw
それが逆にリアリティあるんだよね〜。
夢がないといえばそれまでですが
ずれるからこそのエンドレスな雰囲気がとても良い。

あとH中は突然前原の弘に対する呼び方が
「ひろし」ってひらがなになるのが好きです…マニアックですか。


文庫の作り方も上手いと思います。
1冊に収録されている3編中、2編は弘目線で1編は前原目線。
なのでお互いの立場からくるプライドや、
相対してしまう恋や焦りがよく見えるんです。

そんでもってどのキャラも立ってるんですよ。
男くさくて真っ直ぐな前原、仕事では頑固で私事では可愛い弘、
社長、上司、後輩、工場のおっさん…。
キャラが自分の心に根付いてしまいます。

私、読んでから感想を書くまでが長く、
書こうかな、と思うと読み返すことがしばしばなのですが
これは読み返さなくても一発で書けました。
キャラの魅力のおかげかもしれません。
(引用の努力をしてないせいともいう)


男同士であり、ライバルであり、恋人である、
そのもどかしさを余すところ無く描いた良作です。
(…って、次の5巻〈大きな結らしい〉まで
待ってから書けばよかったのでしょうかw)


ただ、仕事が専門的でちょっと疲れる…という人のために
「!」は二個です。内容的にはオススメ!!!ですよ〜。
烏城様、5巻も期待しております。
| [BL・小説]烏城あきら | 21:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:45 | - | - |