-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GWの予定 | main | 『恋する指先』/池戸裕子(高橋悠) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋愛時間』/木原音瀬(紺野キタ)
今日は部屋の掃除と本の整理をするだけで
昼までかかってしまいましたが、
おかげですっきりして良い状態。

そして不要になった本をブクオフへ。
7割方はBLでこれでは恥ずかしいわっ、と
ためらうようでは私の部屋は綺麗になりません。

60冊ほど売って1600円になりました。
1冊/26円くらいですね。まあ、可。
そして後ろ髪を引かれそうになりつつも
帰って読みました、この作品です。
木原さんにしては甘めでした。

それでは以下ネタバレありな感想です。


恋愛時間
恋愛時間

木原 音瀬著
オークラ出版 (2002.1)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!

要領は非常に悪いけれど仕事振りは徹底していて
手を抜かなさ過ぎるくらいなマジメな広瀬(ひろせ)。
その広瀬を入社教育をして以来、
好感の持てる後輩として有田(ありた)は可愛がってきた。

が、ある日、有田は広瀬から告白されてしまう。

広瀬が恋愛の対象として自分に好意を持っていると
知って有田はショックを受ける。
広瀬は有田に好きになってほしいとわけではないというが、
そう意識しはじめると、その視線・言葉が熱く感じる。

ある理由から彼の好意に必要以上に
冷たい態度で接してしまう有田に
めげずにいつもおだやかな広瀬。
そんな彼に有田は少しずつ心を開きはじめるが…

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

先日記事を書いた「LOOP」の受、英一の兄が有田です。

英一たちの話は多く出てくるわけではありませんが
有田の同性愛に関する嫌悪感の根底になっています。
そのせいか、男の広瀬に告白されただけで
過剰反応し、傷つく言葉を残酷に言います。
はっきり言ってみーみーがいたーいw
この衒いのないガツンと来る言葉は木原さんらしい…

でも仕方ないですよね、彼は英一の一件で
兄として悩み、長男として悩み、その結果
同性愛をタブーとして捉えていたのですから。


それに対して広瀬は怒りません。
多分、自分も十分に悩んだからでしょう。
全てにおいてテンポが遅めな広瀬はその分
人の思考する時間を思いやれるのですね。

でも押しが弱すぎて臆病なのですよ。
ノンケに恋したゲイの高校生の恋みたいで
なんだかもどかしくて切なかったです。

そのうちに距離が縮まって…ええ、キスだけ!?
で遠恋(未満)となって次の編に入ります。


次の編、「恋人時間」でもまた有田が残酷なこと…。
6年もの片思いをしてきて、それでも
プラトニックではなく肉欲を抱く自分を
自己嫌悪する広瀬に対してこれは残酷すぎる…!
自分も高校生のときに広瀬みたいな嫌悪感を
持っていたのでまたもやグサグサッときました。

そんな風に弱くて脆すぎる彼らを見ていて辛い、と
思ってしまうほどにのめり込んでしまいました。
結局は結ばれてメデタシなんだけど
家族を裏切る結果…子供を残せない、
世間に後ろ暗い、という重圧が残り、
オールハッピーにいかない現実的な苦さを残します。


その次の小編、「兄の恋人」ではその重圧が
家族として心配する気持ちから来る、というのが
有田の家族側からの視点で描かれるので
よけいになんだかやるせない気持ちに。

しかし、それでも恋人を優先にして選ぶ
広瀬の姿が見られる「海岸線」。
隠して生きてゆく有田と、事実を伝えて生きようとする広瀬。
方法は違えど生きてゆく方向は同じと示唆され、
ようやく一息つけました…ああ、翻弄されまくりでした。


個人的なツボでいえば物語のきっかけとなる
広瀬が有田に惚れた理由、
「トロい広瀬に有田はしっかりと長所を見出し、
見放すことなくじっくりと教える」
というところです。

好きになる理由ってさ、そんなもんなんだよね…。
容姿がどうとか、出会いが強烈だとか、
そういうBL運命的なきっかけもいいけど
日常的だけどお互いの良さがとてもよくわかる
この理由がすごく好き。
こういうトロイ人って要領良い人より好きですw


諸手をあげてオススメしたいところなのですが
残念なことにBK1には在庫なし、
Amazonマーケットプレイスで新書が700円、文庫が2800円!アホか!
オークションで文庫を300円で買った私は果報者ってことですね。

手に入りにくさを考慮して「!」2コの評価です。


P.S.読んでよかったです、オススメいただきありがとうございました〜。
| [BL・小説]木原音瀬 | 22:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |