-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『愛してないと云ってくれ』/中原一也(奈良千春) | main | 『何でやねん! 2』/久我有加(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『何でやねん! 1』/久我有加(山田ユギ)
つい何回も読んでしまう本。
大切な、面白い、お気に入り…
そんな本が誰にでもあると思います。

もち、そう言ってる身ですから私にもあります。
一例をあげると、BL小説ならRECOMMENDにも置いている
ひちわゆかさんの「今宵、雲の上のキッチンで」や、
烏城あきらさんの「許可証」シリーズ。
BLコミックでは夏目イサクさんの「ノーカラー」
寿たらこさんの「SEX PISTOLS」などがあります。
(BL以外は割愛します…)

その何回も読んでしまう本リストに
新しく追加されたのがこの作品です。
文句なしにオススメです。

どうか以下ネタバレ感想をご観覧くださいまし…



何でやねん! 1
何でやねん! 1

久我 有加著
新書館 (2004.5)
bk1で詳細を見る bk1には在庫ありません〜。
Amazonで詳細を見る


☆オススメ!!!

☆あらすじ
相川仁
(あいかわ・じん)は苛立っていた。
高校に入学して以来毎日、土屋来(つちやき・きたる)に
漫才の相方になってくれとつきまとわれていたのだ。

かつて一時期を過ごした東京で
言葉がもとで陰湿ないじめにあっていた仁は
人に笑われるのが大嫌いになってしまった。

だが来は仁がどんなに冷たく断っても諦めなかった。
「俺の理想やねん」「マイスイートハニー」と
漫才さながらに追い掛け回してくるかたわら、
時に「笑われるのは怖いことやないよ」と
不思議な熱を込めてそんなふうに口説いてくる。

そんな土屋に興味を持ち始めた仁だったが
当時のいじめの主犯格・福島と再会してしまう。
キックボクシングを習う事で培ったと思っていた
心の壁が脆く崩れ去りそうになり、恐怖を覚える。

しかも福島と来が一緒にいるのを見てしまった仁は混乱して…

*    *   *   *    *   *

あさのあつこさんの「The MANZAI」に
流れ・設定は少し似ています。
漫才と受けを一途に求める攻めと
トラウマから頑なに笑いを拒む受け。

が、受けの動機がかなり違います。
いじめで受けた、嘲笑されることの恐怖です。

これ、すごく良く分かります。
無視と同じく、意思を汲み取ってもらえないこと…
それは具体的に何かをされるよりも怖いと思います。
ありふれているといえばありふれているけれど、
とてもしっくり来る設定でした。

そして来がいたおかげでその過去を乗り切れたとき、
無条件で支えてくれている人がいるということは
幸せなのだなぁ、としみじみ思いました。

来「相川のそばにいることしか、できんねん。
  味方になることしかできんねん。…」
 「そんでもな、俺、相川と一緒におりたい。」
 「そしたら、一緒にやろ。一緒に、漫才やろ。」

仁「お前のこと考えるとな、怖いことなくなるねん。…」
 「おう。一緒にやろう」
                      (適宜抜粋)

来と仁がストレートに紡ぐ関西弁の一言一言が
なんて微笑ましくて切なくて心地良いことか…。
嬉し泣きする来とともに私もうるっと来ました。
ええ話やわ…(関西弁で書きたくなってまうわ)

「The MANZAI」のように身内に死人が出るわけでなし、
ロミオとジュリエットをやるわけでもなし、
派手な設定は一つとしてありません。
が、それがかえって胸を打つのです。


ワキ役も、これまた良いキャラなんですよ。
的を得た助言者の優勝(まさかつ)、
CP2人に波紋をもたらす来の妹・桜子に
桜子を愛する男気たっぷりな優勝の弟・一虎(かずとら)。
みんな、ユギイラストパワーか、すごく可愛い。
特に私は一虎のイラストにメロメロですたい…。

漫才がテーマとあってかコミカルな会話も巧いです。
会話がいちゃいちゃにしか見えません…。
この関西弁の魅力がそうさせるのでしょうかね。


また、「The MANZAI」は隠れBLなのに対し、
これはれっきとしたBLレーベルから出たBL。
関東風に言えば真打ですよ。つ、ま、り!Hあり!
濃くは無いですがHを前面に押し出した作品よりも
かえってぐっとくるのですよね。素敵です。


シリーズ物(全2巻)なのに1つにまとめなかったのは
1巻が高校生編、2巻が結成してから7年後の大人編、と
時間がかなり空いているためです。
(その間もぜひ読みたいところですが…w)
2巻もまた別に書きたいと思っています〜。


きっと今年のベスト10に入るであろう、面白さでした。オススメです!!!


P.S.久我有加さん、実は新規開拓なのです。
他にオススメありましたら教えてくださいね♪
| [BL・小説]久我有加 | 22:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - |