-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『何でやねん! 1』/久我有加(山田ユギ) | main | 『きみの処方箋』/月村奎(鈴木由布子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『何でやねん! 2』/久我有加(山田ユギ)
示し合わせたようにAmazonとebookoffの荷物が届いたので
ひさしぶりの購入日記&既読には読後メモです。

・Amazon
『DEATH NOTE 11』/大場つぐみ・小畑健
 →文字多くて疲れる…ついてくのが精一杯。
『僕と君の間に 3』/鈴木央
 →ファンタジーとしてかなりの出来じゃないでしょうか。
『コンティニュー?』/いつき朔夜
『hand which」/鈴木ツタ

・ebookoff
『誰がおまえを好きだと言った』/山田ユギ
『月を抱いた』/夜光花
『晴れ男の憂鬱雨男の悦楽』/水壬楓子
『家賃』/月村奎
『きみの処方箋』/月村奎

面白ければ近いうちに感想書くかもしれません…

さて、今日は「何でやねん!」の続きです〜。



何でやねん! 2
何でやねん! 2

久我 有加著
新書館 (2004.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る


☆オススメ!!!

☆あらすじ

仁が来とコンビを組んで九年が経った。

現役高校生コンビとして名を馳せた『バンデージ』。
高校を卒業して以来、話題性がなくなってしまい
苦労もしたが、来のドラマ抜擢をきっかけに
そのビジュアルを生かして今ではテレビに舞台に大忙し。

仁もドラマにレギュラーで出演するかたわら、
冠番組も決定し充実した日々を送っていた。

だが、漫才で認められる前にルックスで人気が
出たためだろうか、やっかみ半分の嫌がらせも多い。
芸能界での人間関係、上下関係…。煩わしいが、
それでも土屋がそばにいれば乗り越えられる。

そう思っていたのだが、仁の過去に関する
スクープが週刊誌に載せられてしまって…

*   *   *   *   *   *   *   *

人間関係やら過去のいじめに関することやら、
様々なしがらみに悩まされて衰弱してダメになる仁…

あれ、これ、デジャヴ?

読んでいくうちに確信しました。
仁は変わっていません。仁自らが言うように
この弱さは1巻のときと、なんら成長してないです。

ただ問題は、仁自身が危惧しているように
来に依存していることではなく、その依存を嫌って
いろんなことに一人で耐えようとしている事。

もちろんそれが仁の良いところでもあり、
コンビを支えるところでもあります。
が、それでは仁はいつか壊れちゃいそう。
と思っていたら、いじめの問題がきっかけで
また壊れかけて…ついに仁は辞めたい、と
言ってしまいます。

自らの笑いへの恐怖を持つ引け目を気にし、
好きだからこそ足を引っ張りたくないと
来を突き放そうとする仁がなんとも切ない…


でも来たよ来たよ、来君の泣きながらの名言集が。

「相川が続けろ言うんやったら、一人でも続けた方がええんかなって…
そのほうが、相川の、気持ち、楽になるかなって、思て…」

「けど、あかんねん。相川と一緒がええねん。
相川が苦しいんは、嫌やけど、けど、相川が好きやねん…!」

「ええよ。寄っかかって。どんどん寄っかかって」

ネタバレしすぎないように勝手に編集してますが
この、来のバッチリ決めるところがええねん!
泣き虫でヘタレな犬やけど、そういうところがええねんよ。
うち、また一緒に泣いてしもたわ…。
(やっぱ関西弁はネイティブじゃないから書くと変だ…)
そしてもっとラブラブになった2人を
素直に祝福できた私なのでした。


そしてまたあの兄弟も出没。
恋人としての来をもっと欲しても良いんだよと
優しくも意味不明な言葉で伝える優勝、
いまだに桜子一筋の一虎。
彼らのファンとしても嬉しい限りです。


漫才をネタにした物語で(しかも漫才が出てこないで)、
こんなに楽しめるとは思いもしませんでした。

この本を読んで以来、芸人さんたちを見る目が
邪に変わったのは言うまでもありませんw

「良い本は読み手の考え方を変えますから仕方ないですな」
「何でやねん!」

…おあとがよろしい(か?)ようで。


私の力では伝えられぬ感動があります。
ぜひ、1・2と読むことをお薦め致します。
| [BL・小説]久我有加 | 23:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |