-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『きみの処方箋』/月村奎(鈴木由布子) | main | 愕然、呆然。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『コンティニュー?』/いつき朔夜(金ひかる)
ここのところディアプラスの感想が
多いことに気がつきました。

今、一番好きなレーベルかもしれません。

昔はよく読むレーベルが角川ルビー・ラピスでしたが
最近はシャレード・ディアプラス・キャラです。
ノベルスではシャイ・ビーボーイってとこですね。

人間、好みは変わるものですね。

さて、前置きは8割関係なく(オイ)、
先日「注目の新人」と申しておりました
いつき朔夜さんの新刊のネタバレ感想です。



コンティニュー?
コンティニュー?

いつき 朔夜著
新書館 (2006.5)

bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆新人発掘にいかが?

☆あらすじ
麻生絢人
(あそう・けんと)、26歳は
普通の人生、生活を送ってきていたのに
突如妻に逃げられ赤ん坊を抱え、リストラされる。

幼い児を抱えての再就職はなかなかうまくゆかず、
途方に暮れていた中、ゲームソフト会社を
経営する藤堂克巳(とうどう・かつみ)から
「言うとおりにすれば仕事を斡旋する」と誘われ、
やけっぱちになった絢人は一夜を共にする。

そこまでして得た仕事は、なんと彼の愛人になることだった。
生活のために、やむなく契約した絢人だったが
いつしか藤堂のカラダに慣らされてしまう。

愛人だけでなく他にも仕事をみつけてくれたり、
娘のことも何かと気にかけてくれる藤堂に
次第に惹かれるようになった絢人だが、
ある時藤堂が近づいてきた理由を聞いてしまう…

*   *   *   *   *   *

愛人もの…というほど愛人ものでもありません。

むしろ、書きたかったのはその後の
現実的な家族の繋がりではないかと。

子供の世話の大変さ、子連れで
働こうにも働けない絢人も現実的。
さすがに白馬の騎士な藤堂は存在しませんが、
彼にしても絢人の娘の溺愛っぷりも現実的w

表題作「コンティニュー」に続く「リロード」でも、
妻との親権争い、ゲイカップルの負い目・引け目など、
アメリカのゲイカップルの10年後にありそうな話。

でも、すごく日常的なことで喧嘩して、
でもラブラブで、子供がいて…
そんな幸せの形が末永く続きそうなカップルって、
やっぱり見ていて嬉しくなってしまいます。


実にバーチャル(BL)なリアリティ(起こる問題)。
ゲームチックなタイトルがぴったりでした。

(ちょっと脱線。ゲームと言えば、
藤堂の作ったゲームもすごいw
なんで朝チュンを知ってるのかと
思えばそういうオチだったのね…w
)


個人的に好きな点は身請けと言ったら「町娘と悪代官」
このロールプレイが私のツボを突いていて良かったですw


前作に比べると雰囲気が違うかな?と思っていたら、
この作品が投稿作なんだそうです
(もちろん加筆修正はされていますが)。
あながち誤りでもなかったわけですね。

でも、原石です。私は、

「雫さんと聖司のようだ。
…時間をかけてしっかり磨いて下さい」

という天沢のじいさん(Byみみすま)のように、
いつき朔夜さんのさらなる磨き上げを
末永く楽しみにしております。

何様だって感じになってしまいましたがw
現実寄りが苦手でなければどうぞ〜。
| [BL・小説]いつき朔夜 | 22:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:41 | - | - |