-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 愕然、呆然。 | main | BLCD・『俺は悪くない』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『専属契約』/橘紅緒(北畠あけ乃)
今日はダヴィンチ・コードの映画が封切りだそうで…

文庫で読みましたが、個人的にあれは
映画の方が良くなるかもしれないと思います。

モナリザを見る時間なんて普通の人には無いですし、
ルーブルやそれぞれの建築物の描写も
百聞(文章)は一見(映画)にしかずですもの。

ただ、裏というか、伏線は小説の方が
分かりやすいかもですが…戻れますしね。

さて、今日は「裏」つながりでこの作品の感想です。



専属契約
専属契約

橘 紅緒著
大洋図書 (2005.11)

bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆深く読み込む?流す?

☆あらすじ
常磐彗
(ときわ・けい)は女優で母でもある各務子夜子に
呼び出され少女として代役CMモデルを頼まれる。

今でこそ彗は女優と言う華々しい職の各務と同居しているが、
それまでは伯母夫婦に育てられ、静かに生きてきた。

綺麗な顔の彗だが女装趣味もモデルにも興味は無い。
引き受けるつもりはなかったのだが、
カメラマン・静竜之介(しずか・りゅうのすけ)との出会いが
彗の闘争心に火を付け、結局モデルをする事に。

はじめのうちはその傲慢な態度や
不遜な態度に反発を覚える彗だが、
その才能溢れる静と写真強く惹かれる。

しかし、静は少年の彗を抱き、モデルの「彗」が
実は男だという秘密を守ることを条件に
彗と専属契約を結ぶ。自分以外に写真を撮らせるな、と。

恋を知り成長していく彗だが、
女性のモデルとして求められている彗の成長は
モデルとしての終わりであり、それはまた
静との別れが近くなることでもあった…

*   *   *   *   *   *

世の中の本には2種類あると思うのですよ。
断片的に書き込まれた本と、全て書き込まれた本と。

後者の本はそうですね…BLで例えれば
月村奎さんの作品のように緻密に心理描写を重ねてあり、
それをトレースすれば心情が理解できる本、ですかね。

前者は、榊花月さんの作品のように突飛な行動に
自分でその動機を裏づけしなければ心情理解できない本、です。

後者の良い点は登場人物と一体化して物語を享受できること、
前者の良い点は自分の想像によって解釈がいくらでも変えられること。
どっちも面白いですよね。

橘さんは前から前者だと思っていたのですが
この作品ではそれが色濃く出ているように思えました。

じっくり読まないと静かにサーッと終わり、
結局何があったのかわからない作品に見えます。
なぜなら会話、行動の記述が断片的。
想像をしないと主人格である彗の
心情すらよく分からないですw
静はその上を行く説明不足男だし…。
行動は結構見え見えで分かりやすいんですけどねw

CPたちだけでなく、彼らにまつわる背景や
性描写もかなり薄いです。
これを説明不足と取るか、それとも想像するのに
必要な最低限の情報と取るかは…人によりけりかな。

どっちでも面白いと申しましたが、
私はもうちょっと表に表れているほうが好きです。
評価が分かれるのが分かった気がしました。


それでもやっぱりこの方の特長である
独特の比喩、言い回し、雰囲気は同じ。
萌えをも寄せ付けない高潔さは好きです。
そこは安心して読めました。


恥ずかしいぐらいにラブラブだったり、
性描写が濃いのが好きな人にはものたりない静けさです。
でも、そこの裏にある何かを読んで
想像しようとする方にはオススメかもしれません。
| [BL・小説]橘紅緒 | 22:02 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |