-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『月と茉莉花』シリーズ/佐倉朱里(雪舟薫) | main | 『檻の外』/木原音瀬(草間さかえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『リストランテ・パラディーゾ』/オノ・ナツメ
私は憎いっ…夏埜さんが憎いわっ。
嘘、嘘、ありがとうございます!!
届いてからと言うもの一日中こればっか
読んでしまうような本を紹介して下さって!w
風邪の病床が天国のレストランに早がわり!
大満足の一冊でした!

初老のキャラにも萌えるようになってしまった
私の老眼鏡萌えの独り言に同意して
よっしゃ、付き合ってやろうじゃない、という方は
以下お付き合いくださいませ。(長めですよ!)



リストランテ・パラディーゾ
リストランテ・パラディーゾ

オノ ナツメ著
太田出版 (2006.6)

Bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!!

☆簡単なあらすじ

小さい頃からずっと会っていない母。
新しい男と恋に生きるために自分を置いていった母。

ニコレッタはそんな母の新しいダンナに
実は母が子持ちだと言うことをばらしに
彼の経営するリストランテへ。
しかし、母の趣味丸出しのそのリストランテは
紳士だけのカメリエーレ(給仕人)しかおらず…?

*   *   *   *   *    *

母を恨み、単身喧嘩を売りに行ったはずが
初老のカメリエーレに恋をしてしまいます。
そのことをきっかけに恋に生きる母への
見方が変化し、また様々な年上の人たちの
人生を知り、少しずつ、親子としての
関係性を成長させてゆく物語…です、が。

熟年紳士が素敵素敵すぎるー!
あ、もちろんね、主人公(♀)もかわいいんですよ。
でも、この紳士たちの魅力なくして
この作品が成り立とうか、いや成り立たない。

なんてったって、このリストランテの採用基準は
「老眼鏡の紳士」なんですからね!
こんなところあったら毎日通っちゃう〜。
紳士好きでわるうございましたね(主人公への独り言)。

ではおまちかね(ですか?)、六人の紳士たちをご紹介。

ジジ(Gigi) ソムリエ

gigi

ジジは食べてるときのほっぺがかわいい!
この人もなかなか重要なキャラです。

テオ(Teo) シェフ

teo

貴方の腕毛にクラクラですw
なんで独身なの?もしかして…いえいえ、
これはBLじゃなかったのでしたね。
でも一番好みでした。…やっぱり、ヒゲ?w

ヴィート(Vito)カメリエーレ

vido

ハゲというより、ボウズと言う称号が似合う。
ボウズ萌えではけっしてないのだけれど
どうしてこんなに萌えるの!

フリオ(Furio) シェフ

flio

優しくて一番の愛妻家。の割にはかなり若い
妻であることから昔は遊んでいたと見たw

ルチアーノ(Luciano) カメリエーレ

lut

ツンです、ツンですよ!デレなしのツン!
頑固な老人はこうでなきゃ!
でもそのぶっきらぼうさに
優しさが垣間見えるラブリーな人。

クラウディオ(Claudio) カメリエーレ長

cla

ずばり大人の色気!マジメなのですが
そこはかとなくセクシーな物腰。
姿勢良い人ってセクシーですよね〜。
恋に生きる女曰く、困らせたい男でもあるそうでw
こんな人に「やめてください・・」なんて
言われたら、…私も襲いたいー!

ふう、自分のテンションの高さに疲れました。
(V○CEの仲間にはなりたくないので
わざと画像を潰してみました)


こんな紳士だらけの店の厨房で見習いになる
ニコレッタ…彼女に移入して読むと、
もうクラクラのメロメロです。


女性が主人公ですから、もちろんBLではないです。
ですが、ストーリー・表情の表現の巧さは
なんら変わらない(当たり前だけど)このハイクオリティ!
この心を暖かくする心地よさはクセになります。

天国のレストラン=リストランテ・パラディオーソ、
(紳士萌えには)最高のお店です。訪れて堪能しましょう!
| [その他]BL以外のコミック | 21:50 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:50 | - | - |