-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 『リストランテ・パラディーゾ』/オノ・ナツメ | main | 『リロード』/いおかいつき(国沢智) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『檻の外』/木原音瀬(草間さかえ)
今日Amazon(結局Amazon)から届いた
中で何よりも早く読みたかった、この作品。

木原作品は買ってから手に取るまでが
なかなか・結構・非常に長いのですが、
これは続き物ですから気になって気になって…。


で、この作品を読み終えた途端。
荷物が来る前に読了していた本の印象は
全てはるか彼方へ吹っ飛んでいきました。
すごい。この作品はすごい!

もう…書くことまとまってないですけど
以下ネタバレ感想です。



檻の外
檻の外

木原 音瀬著
蒼竜社 (2006.5)

bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!!

☆あらすじ
堂野崇文
(どうの・たかふみ)が刑務所を出てから六年。
それは喜多川圭(きたがわ・けい)との別れから同じ年月。
その間に堂野には妻も、子供もできていた。

そんなある日、自宅近くの公園で喜多川に再会する。
喜多川は「ずっと捜していた。一緒に暮らしたい」と
六年前と全く変わらぬ一途に告白してくる。

しかし堂野には家庭があり、今の現実がある。
喜多川からの想いと同じ形で応えることはできない、
でも友人としては関わりたいと告げる。

もちろんそれには満足しない喜多川だが、
堂野の家に友人として遊びに来るようになり、
段々堂野の家族とも親しんでくるが……

*   *   *   *   *   *

(前作『箱の中』を4行でまとめると、こんな(↓)感じ。

「堂野と喜多川は刑務所で出会い、色々あって互いに
好意を持つものの、その好意は微妙にすれ違っており、
堂野は男同士を覚悟できないまま行方を知らせず出所、
その後出所した喜多川は、死に物狂いで堂野を探す…」

…このまとめを100倍細かく、面白くした感じです。
ネタバレしてても、絶対に面白いです。)

*   *   *   *   *   *

かように、ついに喜多川が堂野を探し出して終った
前作の続きで、いきなり堂野に妻と娘…凹む。
しかも妻と娘のいる家に喜多川誘うか!?

自分以外の人と幸せになって欲しいからって、
そりゃエゴだよ、堂野…。
そりゃあ、もともと堂野はノンケですから
仕方ないですけど…自分だったら殴るw
断然、喜多川派の私としては辛いです。

それでも、堂野が好きでそばにいたい喜多川が
徐々に堂野の娘と仲良くなり、あ、これで行くのかな…?

と安心したところでグシャっと来るのが木原作品。
この後の事件では、悲涙が止まりませんでした。
結局これが引き金になって全てを失った堂野の
喜多川への気持ちが表層化されてきたのですが…。
ここがいちばん読むのが辛かったです。
特に口絵のシーンは、絵と相まって美しすぎて悲しい。

でもやっぱり、喜多川派の私は、
「家があって、あんたがいて、犬が飼える。
俺がずっと、夢見てた通りだ。」

喜多川が幸せになれたのなら良かった、と
不幸の海の一滴の幸せにまた涙してしまいました。


多くの木原作品(それほど多く読んでないけど)では
この不完全幸福で終わりですが、この次の短編・「雨の日」では
優しさに満ち満ちた生活が描かれています。
まさに私がBLでいつも見たいと思っている、
「気持ちが結ばれた後の2人の生活」を
喜多川目線で描かれています。
喜多川の喜びを、幸せを、かみしめる事ができて本当に嬉しい。

最後の書き下ろし、「なつやすみ」は傑作です。
喜多川たちのその後がある第三者の目線で綴られます。
喜多川の前半生は決して幸せではなかったけれど、
形はどうであれ、堂野と出会い、一緒に生活し、
家族と言う形を手に入れた後半生は
とても幸せだったんでしょう…やばい、涙止まらん。
そっかぁ、こどもかぁ…
喜多川、幸せな子供になれたのだね…


ああ、本当に素敵な読後感。
読書って、これがあるからやめられない。
読書って良いもんですね。
今年の傑作ベストになる予感ありです。

そして最後に一言。
作中の言葉通り、挿絵は重要なファクタ。
その重要なファクタ、草間さんの挿絵も
非常に素晴らしかったです。
ぜひ、一読を。
| [BL・小説]木原音瀬 | 20:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:55 | - | - |