-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『檻の外』/木原音瀬(草間さかえ) | main | 『明日が世界の終わりでも』/榎田尤利(茶屋町勝呂) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『リロード』/いおかいつき(国沢智)
攻めですか、受けですか。

基本的に男は攻めですよね。
私はどっちかというと、というかほぼ受けなので、
攻める気持ちは分かり辛いのですが、
受けることなんて想定もしていないと
言うのがノンケ側の本音だと思います。

なのに、バリバリノンケだったくせに
よく受けられるな…と今さらながら
この作品を読んでいたら思ってしまいました。
や、BLはファンタジーだから追及しませんがw

…うん、まあ、とりあえずネタバレ感想に行きますね。



リロード
リロード

いおか いつき著
竹書房 (2006.6)

bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆あらすじ
警視庁の検挙率No.1刑事の河東一馬(かわとう・かずま)と、
科捜研のクールな研究者、神宮聡志(じんぐう・さとし)。
神宮が河東をやり込めて以来、二人は会う度にぶつかっていた。

しかし、ある日聡志が研究所内で秘密裏に
調べものをしているのを見てしまった一馬。
聡志の弱みを握ったと思いきや、ふとした隙に
のしかかられ、身体を弄ばれてしまった。

脅迫まがいのことをされてしまった一馬は
黙ってられない、と聡志の調べていた事件を
個人的に捜査し始める…もちろん、
身体の面でもやられてばかりではいられない一馬と、
男好きだがタチオンリーの聡志の衝突は避けられず…

*   *   *   *   *   *

あらすじでも著者のあとがきでも言っている通り、
テーマは『攻めはどっちか』です。今までに
そういうテーマは何作か読んだことがありますが、
この風貌・年の受けでの組合わせは珍しい。
(良くあるのは経験のない生意気なガキ同士)

なので男と男の意地の張り合いがメイン。
意思の通じ合う者同士だからこその
悪びれない図々しい態度や口の悪い会話や、
お楽しみの性描写には男同士!を感じさせる
要素・書き方がてんこ盛りで楽しめます。


なのですが。(ここ、序文のテーマです…)

いまいち受けの一馬がはっきりしない。
・女好きのはずなのに仕事優先。
・なのに職場でのがさつさ。
・仕事でもないのに調査のために危険に首を
突っ込み刑事のくせに二度も薬を盛られる。
・傲慢な性欲魔人かと思えば相手の休日に
あわせようとする甲斐甲斐しさ。
・バリバリのノンケのはずなのに
意外とあっさりとやられちゃう。


どうも掴み処のないやつ…。
細かいことは気にしない」って細かくないから!それ。
抵抗はしてるし、フェ○は出来ない、とか
部分的にはとってもノンケっぽいんだけど…。
好きだ、という衝動に流され易い奴なのかも
しれないですね。まあ、単に単細胞なんでしょう。

聡志は個人的には良いのよ、結構好き。
細身メガネのバリバリテクニシャン下剋上は。


事件は一馬がアブない(危ない、ではない)目に
遭う以外はパッと明快に分かる仕組み。
どんでん返しをちょっと期待してたのですが…。


あと、ラヴァーズってこんなにエロ満載だったっけ?
秀さんの「灼熱のハイシーズン」の尺○と
良い勝負のレベルの挿絵が五枚も…
電車の中で読むには不適切かと。
…読みましたけど。

リバっぽい雰囲気がお好きなら、どうぞ。

P.S.逆バージョン(一馬×聡志)もいいかもね。
| [BL・小説]いおかいつき | 23:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |