-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『明日が世界の終わりでも』/榎田尤利(茶屋町勝呂) | main | ちりつもBL噺 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『さよならを言う気はない』/英田サキ(北畠あけ乃)
さよならを言う気はない
今日は予定ではテンプレートを変えて、
少ーしだけカスタマイズして整えて、
ずっとしていなかったリンクを整理して…
予定2時間の、はずだったのに。

テンプレートのカスタマイズが巧く行かず、
5時間かけてできたものも結局納得がいかず。
休日がカテゴリを2つ増やしただけの
ほとんど無駄に過ごしたも同然に。


(悔しいから新しく覚えたタグを無意味に使ってみました)

とかいいつつ、でももうちょっとでできそうなので
まだ奮闘中です。あきらめられません。
付き合いきれない奴と付き合う気分は
こんな気分なんでしょうか。


さて、今日はそんな奴が登場する
英田サキさんの新刊です。
(以下少しネタバレ)



さよならを言う気はない
さよならを言う気はない

英田 サキ著
大洋図書 (2006.6)

bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆強い受け好きにオススメ!!

☆あらすじ
陣内拓朗
(じんない・たくろう)は三年前に
警察をやめてひとりで探偵事務所を経営するしがない探偵。

陣内には苦手な男がいる。
それは新宿歌舞伎町一帯をシマに暗躍する、
美しい顔からは想像もつかないような
強暴で横暴で乱暴なヤクザ、天海泰雅(あまみ・たいが)だ。

天海は東日本最大の暴力団組織・紅龍会の
直系二次団体周藤組の幹部であり、
29歳にして自分の組も持つエリートヤクザでもある。

そして当然、天海が依頼する仕事はいつも危険、
おまけにいちゃモン難癖をつけてくる。
警察を辞めたのも元はと言えば天海に関わりのあること。
つまり、陣内にとっては疫病神の存在そのものだ。

しかし、陣内には天海を放っておけない理由があった。

彼を過去の事件から救えなかった、
彼がヤクザになったのは自分のせいかもしれない、
そんな自責の念があったからである。

そんな陣内の気持ちを知ってかしらずか、
天海は依頼を持って陣内のところへやってくる…


*   *   *   *   *   *   *

いまだにエスを読んでないヘタレ英田サキ読みですが
なかなか面白かったです。

この作品の中心はなんと言っても受けの天海

BLに於いて、傲慢で金持ちな攻めヤクザや
ヤクザの息子で可愛い受けなんてのは
世の中にごまんとあふれておりますが、
攻めをここまでけちょんけちょんにする
受けってのは早々お目にかかれません。

おお、なんというひどい口の悪さ。
天海の口の悪さは強さを演出するためとは言え、
BLで『トロ○ン』と言う語を初めて見た気がします。
…普段から攻をボコる受けはどうなんでしょう。

ただ、いつもはボコって毒舌を言って
人(特に陣内)をボロボロにする天海ですが、
Hのときはさらに壮絶な色気で陣内をメロメロに。
この色気で迫られたら…落ちるわな。
陣内、ご愁傷様…w

だからってボロボロの陣内を心の底から
可哀想とは思えないヘタレオヤジラブな私。
これまた自責の念に駆られているところや
天海に言われて(本当は無い)お腹の肉を
気にするそぶりが可愛いんだw天海グッジョブ!!

物語で際立つのは天海の存在ですけれど、
その天海に偽善だろうが自慰行為だろうが、
まともに向き合おうとする陣内なくしては
天海の良さは引き立ちません。


天海&陣内の視点がスイッチすることで
さらにその気持ちの深さがよく分かりました。
いや、この切り替えのうまさは…素敵です。

陣内が暴力と誘い受けに遭う話だけの
話ではありませんので、ご安心を。


手放しで褒めたいのですが、1点だけ…。
それは天海の部下、賀持と那波!(天海並のいちゃもん)
武闘派と頭脳派のヤクザ編が読みたいのは
私だけなのでしょうか。同意、募集中ですw


依頼の方も人によっては先が読めなくは無いけど
ご都合主義過ぎず、彫師のおっちゃん&奥さんなど
他の登場人物たちも良い感じでした。

やっぱり、英田サキさんのヤクザは良いですね。
機会がありましたらどうぞ♪
| [BL・小説]英田サキ | 21:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:29 | - | - |