-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい本屋へ行く | main | ちょいと文章書くなら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『作家・羽根くんシリーズ』/榎田尤利(金ひかる)
池袋乙女ロードですが、う〜ん…皆一緒くたってすごい。
分かってないよ、アハーン?と思う同時に
分かんなくて良いわよ…とも思います。

所詮は仇花、気にしないようにします。

さて今日は私が全巻制覇を狙っている
榎田尤利さんの作家・羽根くんシリーズこと、
「ハードボイルドに触れるな」と
「ロマンス作家は騙される」です。

この2作、ちょっと榎田さんらしくなくて、
でも、榎田さんらしいなぁと思った不思議な作品でした。
詳細は以下です。ネタバレ注意です。



ハードボイルドに触れるな
ハードボイルドに触れるな

榎田 尤利著
大洋図書 (2001.5)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

ロマンス作家は騙される
ロマンス作家は騙される

榎田 尤利著
大洋図書 (2001.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

↑辛うじてロマンスだけはAmazonにある模様。後は在庫なし。

☆オススメ!!

☆あらすじ
(ハードボイルドのみ)
気弱なハードボイルド作家・羽根深雪(はね・みゆき)は
動けなくなるほど極度の凝り性。だからと言って
何をするわけでもなく、耐えるだけの日々。

そんな羽根を見兼ねた十年来の親友であり、
大手出版社の編集でもある神楽坂(かぐらざか)が
カリスマ整体師・千疋(せんびき)を紹介する。

千疋の夢のような手にかかった羽根は上機嫌だったが、
その夜、羽根の体に異変が起きてしまった…。
なんと千疋の「陽の気」を貰ったせいで
身体が熱くなり、しまいには千疋の声でいってしまう。

そんなことや以前から羽根のファンだったこともあってか、
羽根に急接近してくる千疋。つい気を許してしまう羽根に
なぜか苛立つ神楽坂。優柔不断で流されやすい羽根と
この2人の物語は…

*   *   *   *   *   *

榎田さんって作品によって色々実験している。
それくらい毎回違う印象を残していると思います。
自分にとって好みはありますがその姿勢はすごく素敵。

でもってこの作品では私小説的な手法を
取ったのでは、と勝手に推測しております。

榎田さん本人が小説をプロとして書いていて
感じたこと、身の回りに起こったことを
そのまま書いているとしか思えないんだもの。
(恋愛部分を除いては、ですよ)

それはあらすじの通り、肩こりに始まり、
小説を書くということの辛さ、
ネットで中傷されることの恐怖、
それでも小説を書けることの幸せ…
羽田君が思っていることはそのまま榎田さんが
小説家として思っていることであって、
だから小説家の羽田君の感覚がすごくリアル。

「…それでも、文字に姿を変えたできの悪い
分身たちは、羽根にとって愛おしい存在だった」
「…ああ、早く。早く行きたい、物語の世界へ」


今まで榎田作品を読んできた中でいっちばん
心理の表現が巧かったように思います。

ただ、どんなに言わせたい意見があっても、必ず登場人物の
口に言わせてたものを、榎田さん本人が登場してる感じ。
羽田君=榎田さんご本人ですから心情理解がとことんできた分、
どうしても羽田君以上のものになったのかもしれません。

そこがあんまり榎田さんらしくないと思った点でした。

(そうそう、らしくないと言うか意外だったのは恋愛の展開。
まさか三角関係エンドとは…ひさしぶりでしたw
)。


では、榎田さんらしいなぁと思ったのは、
その実験を支えている相も変わらず文章の魅力。

「オリンピックの選手はみんな修行僧に見える」
「ドレスも着ないまま、舞踏会に放り込まれたシンデレラ」

など、はあ、巧いこというわ。とただ感心です。
人物の描写、食べ物の描写なども巧いことで。
やっぱり自分の中では別格です、榎田さんは。


おかげでTVで瞋恚した(怒り狂う事の意。
ぴったりだったので作中から引用)私の心は癒されましたわ…。
BLだって純文学だって、読む人がいて、
「面白けりゃそれでいいのよ」というひかりの
言葉の引用で締めとさせていただきます。

「ハードボイルド〜」だけでは関係の結末を迎えないため、
古本屋さんで見つけたらぜひセットでオススメです!
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |