-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 購入リスト+一口感想 | main | 『キスの温度』/久我有加(蔵王大志) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『座布団』『花扇』/剛しいら(山田ユギ)
『えー、お世話になっておりやす、aya-meです。
…最近は落語ぶぅむが来てるってぇんでね、
若い衆が寄席にいらっしゃるそうで。
そういや若衆というとあたしとしては
何となく淫靡なイメージがあるんです。
話が腐にそれましたね。こりゃ失礼。

もちろんあたしも、こんな書き方をしてるってこたぁ、
ちょいと落語に興味があるってことで。
でもあたしは、ぶぅむに乗ってるんではなくて
この本を読んだからなんですよ。』


…はい、今日の感想はこんな噺家風(あくまで風)に
始めてみたくなる、この2冊です。
先に言うと、傑作です。これでもう十分ですが、
もう少し魅力をお伝えしたいので以下、ネタバレ感想をどうぞ。



座布団
座布団

剛 しいら著
光風社出版 (2001.1)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

花扇
花扇

剛 しいら著
成美堂出版 (2004.9)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!!ですが花扇はあるのに座布団は絶版…なんで?

*   *   *   *   *   *

あらすじ
師匠・山九亭初助(さんきゅうてい・うぶすけ)の死を
知らされた森野要(もりの・かなめ)こと山九亭感謝(かんしゃ)。
死に目にもあわせてくれなかった、偏屈な師匠。
様々な男遍歴を持ち、それでいて誰も愛さず、
自分の人生の全てを芸に尽くした師匠。

要は最後の最後まで謎だった初助の死をきっかけにして
今までの初助との出来事を回顧し始める…

*   *   *   *   *   *

話は今の要と、約20年前の要を行き来します。
と言っても回顧ですからほとんど昔の話。
というわけで1話目の回顧編は続き。

*   *   *   *   *   *

要と初助の始まりは普通の営業マンだった要が、
初助師匠の落語を聴いたことからでした。
落語を聴いた要、その壇上の小さい空間とひとりの噺家から
もたらされるドラマに魅了され、落語家を目指します。

とはいうものの23才にして落語の経験も無い、
大学の研究会のつても無い、
あるのは愛嬌のある可愛い顔のみ…要は途方に暮れます。

ええい、どうせならと思い切った要は初助師匠の下へ
じかに弟子入りのお願いをしに行きます。

厳しい初助の態度にけんもほろろでしたが
兄弟子の寒也(かんや)の助け舟によって
三ヶ月のお試し期間の機会を得ます。

住み込みで下働き・前座をしていくうちに
寒也とねんごろな仲になる要ですが、
師匠と寒也が以前に身体の関係があった、という噂が。
そんな中、初助の落語を聴きに行った要は
落語の噺の中から暗に告げられ…。

*   *   *   *   *   *

一応BLとしては寒也×要なのですが、
初助師匠の人生が柱ともなっています。
というか、ほとんど師匠の人生を追う話です。

初助師匠のすごさ…一例を挙げると、
あらすじの『初助の落語から暗に告げられる』
そんなバカな、落語でそんなことわかるかと
仰いますか?いえいえ、わかるのです。
初助の落語をする姿がはっきりと目に浮かぶのです。

女を演らせたら当代一の落語家・初助が
男をめぐってお互いに嫉妬する噺を用いて、
要に『寒也のことで嫉妬するお前の顔はこうだよ』と
まざまざとみせつけてくるのです。

それが要にだけでなく、読み手のほうにも伝わるのです。
すごく人非人のようで、それでいて女を演じる様は
それがどこか影や哀愁を漂わす…。
まさに、人生を全て芸に尽くした男のなせる芸です。

そしてその芸の裏に、初助の人生を感じさせるんです、初助は。
そこらの若い兄ちゃんではありえない深みを醸し出し、
この人の魅力はなんだろう、どこから来るんだろう…
と深追いしたくなる、複雑かつ最高に魅力的な人です。
さらにそれに渋いオヤジを書かせたら
一流のユギさんのイラストがたまらなく素敵です。


初助の魅力はもういわずもがなですが、
噺家をモチーフにしたうえに落語を作中話にして
想いを伝えるという、この手法が素晴らしい!
落語がこんなに情や粋が息づいた世界だと
言うことを、BLを用いて教えてくれました。


落語もBLも利用して、お互いの魅力を
引き出した…と言っても過言ではないでしょう。
落語にもっと詳しくなってから読めば
さらに面白いでしょうね。ということで勉強中です。

文章から雰囲気まで最高です。
とにかく読めばこの世界がわかります!
手にとって下され〜!と言いたい、のですが。
座布団は絶版…何で…××××!

そこで提案です。というか、お願いです。
現在、復刊ドットコムにて『座布団』の
復刊リクエスト募集中です。(私もさっき投票したばっかなのですが)
ぜひ花扇を読んで、座布団も読みたい!と
思っている方、もしくはこれからそう思った方、
ぜひご協力をお願いします。
(リンク、こちらです)

登録とかあるから面倒ですけどね…、
マーケットプレイスで4000円て、ひどいでしょ!?

激オススメです。味わって読める、BLを超えた傑作です。
花扇を読んだらあなたも座布団を読みたくなぁ〜る…
| [BL・小説]剛しいら | 23:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |