-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『キスの温度』/久我有加(蔵王大志) | main | 7月購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『光の地図-キスの温度2』/久我有加(蔵王大志)
連続でアップいたしました久我さん本です。
一日空きましたけれどドンマイ。
ドンマイって言い合う高校野球児は萌え。
敗因プレイをした男の子が言われて泣くのはもっと萌え。
作品とはまったく関係ありません。


さてこの二作、まとめても良かったのですが、
メインカップルが変わりますし
主題も変わっていたので別々にしました。

前作『キスの温度』(記事はこちら)を読んで
時々の登場のくせに結構な印象を残した二人でしたから、
身長差萌えの私としては読めてよかったです。

詳しくは以下ネタバレ感想をどうぞ。



光の地図
光の地図

久我 有加著新書館 (2003.8)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

小柄でいつでも元気いっぱいの藤崎大地(ふじさき・だいち)と、
背が高く冷静で動じない仲本洋介(なかもと・ようすけ)。
正反対の二人だが、大学の入学式で出会って以来、
一番息が合い、いつも一緒にいるようになった仲だ。

だが、三年に進級した頃から、この平穏な大学生活の中で
仲本はかすかな胸の痛みを感じるようになっていた。

もうすぐ就職活動、卒業と、全てが変わりだすそんな時期。
藤崎と歩くこの日々も、いつか失われてしまう―
特に未来への強い願望はなく、普通に就職をするつもりだが、
何となく未来の見えない現状に焦りを深める仲本。

だが、そんな時、藤崎を好きだと言う女性が現れる。
苛立ちは募ってゆくが、同時期に仲本も告白されて…

*   *   *   *   *   *

就職活動中に読みたかった本です。
いや、BLに浸ってなかった時期でしたから無理でしたけどw

大学生の三年生って黄昏を感じる時期ですよね。

もうすぐ自分の一生に関わる決定があるのに、
何がしたいのか、何をすれば良いのか分からない。
大学は変わらないのに、自分は変わらねばならない。

働き始めたらそんな不安なんて忙しくて
霧散してしまうものですが、ほんと不安なんですよね、あの時期は。

頭がキュウキュウになって大変なのはとてもよく分かる。
だからって、その大学への懐古=藤崎への気持ちと
混同していたって言うのはどうも…。

その辺がちょっと苦しいかな、とも思いましたが、
より藤崎への気持ちに気づいた大きな契機は
藤崎に告白してきた女性の存在ですし、
スーパーぐるぐる思考の仲本なら仕方ないかな、とも。
それで藤崎の男前ぶりが引き立つのだから
まあ、良いカップルといえましょうw
藤崎はチビだけど男前でっせ。


書き下ろしの「手をつないで歩こう」は、
ちょっと主題が苦めです。ずばり、家族。

ゲイカップルとして生きていこうとすれば、
大抵はぶつかる問題であります。
隠して付き合うのも私としてはありと思いますが、
認めてもらえなくても知っておいてもらいたい、
その願いはね…ゲイカップルでなくとも
家族と恋人がいればわかる心理でしょう。

ラストはちょっと巧く行き過ぎたかな?と
木原作品にはまっている私としては思ってしまうのですが、
このくらい夢見せてくれても良いかなw

色々感情移入するところの多い作品でした。
前向きになりたいときに、どうぞ。


P.S.就職活動中の方、辛くても続けてね。頑張って。
| [BL・小説]久我有加 | 21:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |