-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 落語とBLCD | main | 代替的な遊戯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『龍を飼う男』/ふゆの仁子(奈良千春)
A.奈良絵を電車の中で読むベカラズ。
B.ラヴァーズ文庫はエロス。

この本の教訓でした。

カバーのティエンはすごくかっこいいけど、
内表紙や挿絵はもっとすごかった…。

まあ、その辺も含めて感想です。



竜を飼う男
龍を飼う男

ふゆの 仁子著
竹書房 (2005.10)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

高柳智明(たかやなぎ・ともあき)は、豪華なマンションの
最上階に住む、大学の同級生だったティエン・ライを訪ねた。

智明は米国大手スーパーに務めており、
現在の仕事内容はスーパーの香港進出であるが、
それを阻む香港の実力者がおり、障害となっている。

智明は過去のティエンの事件により、
ティエンに彼らに対抗できる力の持ち主だと考え、
彼に力を貸して欲しくてここに来たのだった。

自分自身の躯を金と引き換えにして交渉しようとする
智明に、ティエンは更なる挑発をする…

*   *   *   *   *   *

あらすじから読むと、シチュエーションとしては
冷たいビジネスライクな関係に見えなくもないですよね。

実は智明はティエンが大学時代に自分に惚れていたことを
何となく感じ取っており、それに賭けて仕事のために
頼りになる男を利用しようとする受け。

そしてその考えをなんとなく読みとっていながらも、
さらにその状況を用いて自分の都合に利用するティエン。

なかなかお互いに残酷なことをしていると思います。
特に智明って結構残酷だよね・・・
4年も引きずってるティエンにしか
きかない必殺技だから良いものの。


ちょっとそれ、好きだからってそんなことされても
納得しすぎやないの?と突っ込みたくなる点も
ちらほらありますが、好きだから許せることって
確かにあるからなぁ…。

私たち平民(笑)でもちょっとした価値観の違いでも
好きなら何とかやっていけることもあるし。
冷めると許せなくなるんだけど…w

(ちなみに私は好きだったときは豪快に食べる人という
好意的なイメージが冷めたら食べ方が汚いと感じるように
なりました。…誰もそんなこと聞いてないですね。)


その外から見える概況に反して、
隠れラブラブな描写が端ばしにあるので
好きなんだなぁ、というのは良く分かります。
チョコチョコ見えるその破綻振りが可愛いw

が、また転じて隠れラブなのに露出の激しいラブシーン。
奈良絵のせいでもありますが、非常に激しい。
互いに隠している感情が湧き出ているかのようです。
つーかさ、ぶっちゃけ挿絵、アレが
スクリーントーンで浮き彫りですから!
18歳未満は読んじゃダメレベルよ!気をつけて!


…ゼェゼェ。「!」を使うと心なしか疲れます。
まあ、全体としてはなかなか楽しんで読めました。

ふゆのさんて初読みなのですが、
描写、とくに告白シーンと性描写が、
既視感がなく、新鮮でした。
告白シーンの「愛している」がすんなり受け入れられたのは
Juraさんと同じでした。…何ででしょうね?

何はともあれ、次の『駆け引きはベッドの上で』も楽しみです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |