-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 代替的な遊戯 | main | 激男 Vol.6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2006年上半期中間報告
光陰矢の如しとは良く言ったもので、
すっとぶ矢のように今年も半分過ぎましたが、
皆様、いかがなBL生活をお過ごしでしょうか。

丁度半分ってことで(後半の方が少し長いってな野暮は無しよ)、
年末企画の常、Best10を半期の現段階でやってみようと言う企画です。

気が早いですが、早速行きましょう。


一月〜六月の間に読んだBL小説は、二百六十冊。
良く読みました。というか自分としては読みすぎ。
読んでる割には記事少ねーじゃねぇか、アホ!
などとは突っ込ないようお願いいたします。

コミックはそれほど読まなくなったので、
五十いくかどうか・・というところです。
再読を含めればもっと増えますが。


その中で印象深かったもの10作品、
(シリーズはそれで1作品とする)を選べと言われたら、
という感覚で選んでみました。それではどうぞ。



●『箱の中』『檻の外』/木原音瀬

これ無くして私の2006年のBLは語れない程、
入れ込んでいます。もう三回読みましたが、
涙腺が緩まないときがあっただろうか、いや、ない。

●『座布団』『花扇』/剛しいら

これも私のBL遍歴に強い印象を刻みつけました。
ぜひ長年続けて欲しいものですが…
最近『花扇』と言う飲み屋を見つけてびっくり。

●魚住君シリーズ /榎田尤利

今さらですが、正統派ですね、正統派。
口を揃えて傑作たる所以は読めば分かります。

●『なんでやねん!1&2』/久我有加

ヘタレ攻め&関西弁の魅力がたっぷりな一冊。
久我有加さんの中で今のところ一番面白い。

●『Flesh&Blood』シリーズ /松岡なつき

いつの間にか9巻まで追いついておりました。
スペイン編となりますが…早くイギリスへ戻してあげて!

●『GENE』シリーズ /五百香ノエル

またシリーズものですが…ファンタジーとして
破綻していない、独自の世界観が素晴らしいです。

●『不確かな抱擁』/夜光花

サスペンス自体が少ない中で、雰囲気から
プロット、展開の見せ方まで、巧かったです。

●『君と緋色の恋を抱き』/高月まつり

涙なくしては読めませんよ、これも。
けれど、恋に焦がれる体験もしてみたく思う一冊。

●『許可証をください!』シリーズ/烏城あきら

ここまで濃密なガテンBLを私は知らない。
ストーリーもエロスも存分に熱い。

●『好きこそ恋の絶対』/いおかいつき

最後の一冊は迷いましたが…萌え度で、こちらを。
とにかく攻めのハスキー犬が萌えなのです。

☆トンチキ賞

●『Don't worry mama』/木原音瀬

こんなBLは見たことが無い…。
デブ、性悪、マザコンだもんなぁ。
超笑激作、皆は萌えるかなー、萌えないよなぁw


以上が今のところの十傑(+1)です。
悩みました・・・なにせ、『夜が蘇る』、
『不機嫌で甘い爪痕』、『プラクティス』、
『12時の鐘が鳴る前に』、『私立櫻丘学園高等寮』、
『灼熱のハイシーズン』、『秋霖高校第二寮』、
『蒼い海に秘めた恋』、『愛してないと言ってくれ』、
『ソリッド・ラブ』シリーズ…など、
強力な控えが居りました為です。
これで実質上位20作品になっちゃいましたねw
入れ替わる可能性も否めないほどの僅差です。

ほったらかしのコミックでは、ダントツで
『クマとインテリ』/basso氏をあげますね。
…なぜかbasso氏は「さん」づけより「氏」が似合うと思う。
作品にあふれるハイソな雰囲気のせいかもしれません。

今後の読書目標としては、
・木原音瀬コンプ(道のりは遠い)
・榎田尤利コンプ(ファンタジーを除いて10冊弱?)
・月村奎コンプ(あと三冊!)
・水原とほる、久我有加、いおかいつき、ひちわゆかを追う、
と言ったところです。

あと半年、さらなるBLの良作・傑作を求めて参ります。
イコール、このブログも続きますのでどうぞ宜しく〜。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2006年 | 23:10 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |