-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< wikiにて気になる単語 <美少年> | main | 『はつこいの死霊』/草間さかえ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ラブ&トラスト』/榎田尤利(石原理)
巷で言う、ラブトラシリーズの1冊目です。

読むまでは危ない郵便屋さんをしている
兄弟物かと思ってたんですよね。
仕方ないと思われませんか、この表紙じゃ。

ラブ&トラスト

前の黒髪が兄、うしろが弟。
よく考えたらBLでカップリング以外の
表紙って見たこと無いと思いますw

しかも裏を見る4人の主要人物がいるみたいだから
がっぷりよっつに取っ組み合い(4P)かと危ぶんだくらい。

最近あらすじからあらすじ以上を妄想するように
なっているのは自分でも危ないとは思います。


…私の危なさはさておき、日本語に訳すと
恥ずかしいこの本の感想へ参りましょう。



ラブ&トラスト
ラブ&トラスト

榎田尤利著
大洋図書 (2002.5)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!

「愛と信頼はワンセット」…
書類から盗品まがいのものまで何でも運ぶ美形の運び屋兄弟、
坂東核・天(ばんどう・かく、てん)が経営する“坂東速配”。
その坂東速配にある日、厄介な依頼が放り込まれる。
それは、生きている子供を預かって欲しいというもの。
普段だったら頭脳明晰な坂東兄弟の兄・核は
厄介な荷物には厄介な揉め事が付くと知っているため、
引き受けないのだが、今回に限っては訳があった。

同時に、天は素直で優しい幼なじみ・正文に再会し、
さらに核に固執する大物ヤクザ・沓澤が密に絡んできて…

*   *   *   *   *   *

カップリングを整理すると、
1・兄の坂東核(受)とヤクザの沓澤(攻め)。
2・弟の坂東天(攻)と正文(受)。
なるほど、並走型でした。
この2組、年齢は沓澤以外が22〜21才と近いのに、
全然やっていることが違うのでとても楽しめます。

ま、純愛…というか鈍いというか、おこちゃまカップルな
天と正文は、幼なじみという関係からスタートし、
どうしてこいつがいいんだろう?と思い戸惑うまでの
恋愛初級編なので胸キュン(恥ずかしい単語だ)な楽しみがあります。

対してアダルトチームwは、はなっからエロス色が濃く、
先読み、言葉遊び…つまりどちらが優位かという
競争と色香を楽しむ、恋愛上級編です。

4人のうち誰が好きと言われると…沓澤ですね。
すごく魅力的なヤーさんでした。何がって、
権力・金・実力があるのに一回りも下の
核にのめりこんでいるところかな。

2カップルを平行していても、そこは榎田さん、
エピソードが薄くなることも無く、
魅力にあふれた1冊で2倍お得な本です。


ストーリーもすこし苦いけれど痛快な運びで文句なし。
あっというまに(良い意味で)読めてしまいます。
今回はあらすじ以上のネタバレをしてしまうと
面白くないと思いましたので詳しくは書きませんが、
思惑と真相が錯綜するストーリーをきちんと
書き上げているのはさすが榎田尤利さんです。


ただ、1点マイナスって程でもないけれど、
いつも食事シーンで楽しませる榎田さんの作品としては
正文の料理が足を引っ張っている…。ドン引きです。
赤ミソ+コンソメスープ+バターや、
リンゴそのまま+たっぷりハチミツのカレーは
考えただけでも怖ろしいです。


かなり楽しめたオススメな一冊でした。
絶版のようですが、見かけたらお手へ、レジへどうぞ。
| [BL・小説]榎田尤利 | 15:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:38 | - | - |