-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 犯罪の前にブックカバー | main | 個人的なwiki遊び >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋する絶対の法則』/いおかいつき(奈良千春)
棒と茄子。
こう書くと淫靡なアイテムに思えてしまいますが、
大人の夏の楽しみ、ボーナスの時期ですね!
ちょっぴり出まして、買い物に街へ出かけました。

あんまり夏は外へ出かけたくないんですが、
三連休という開放感と、このルチルの新刊が
私を呼んでいたためです。他にも諸々ですが。

新刊を買った日に読み終わるのはいつぶりだろう。
そしてそれの感想を書くのは…いわずもがなw

ちょいネタバレ多めなので気になる方はお気をつけて。



恋する絶対の芳
恋する絶対の法則

いおか いつき著
幻冬舎 (2006.7)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆あらすじ
29歳の新米弁護士・高城優弥(たかぎゆうや)は、
高校生の宮路曹(みやじ・つかさ)に痴漢と
間違われたことをきっかけにして、顔見知りの仲になる。

そんな中、またも痴漢に遭ってしまった曹を
優弥は痴漢から助けるが、痴漢犯を見た曹は倒れてしまう。
なんと痴漢は女性で、曹は女性恐怖症だったのだ。

曹の父から事情を聞いた優弥は、曹の力になりたいと思い、
一緒の電車で通勤することになる。
はじめは距離を置いていた曹も、優弥との何気ない会話に
心をほぐされ、毎日の電車の時間を楽しく過ごすようになる。

優弥も曹を弟にしたいくらいかわいいと思う傍ら、
それとは違う感情を持ち始めた自分を抑えるために
優弥は曹と距離を置こうとするが…

*   *   *   *   *   *

やっぱり、電車での出会いって、いいですね。
さすがに痴漢ざたは勘弁して欲しいですけど、
毎朝同じ所で乗る人と仲良くなる…永遠のロマンです。
肩にもたれかかるシーンや、朝待ち合わせるシーンなど、
電車に関わるシーンの描写が丁寧で、かなり良いです。

二人が交わす会話も、優弥が関西弁でおちゃらけて、
曹が『バカ』と笑って返す、そんな軽快で楽しい
会話ばかりで、可愛らしい。

が、それらとは裏腹に曹の女性恐怖については重めです。
あんまり考えたくないのでそこは述べませんが、
それだけはされなくて良かったマイベスト1の事柄でした。

しかし、その女性恐怖とBLではused感のある
「痴漢から助けてもらう」という題材とを
うまく絡めて来たなぁ、と思います。

そのおかげで曹を助ける優弥の見せ場も無理なくて良いです。

ただ、優弥君、きみの人格随分と丸くなってない?
兄のハスキー犬に噛み付いたきみは何処へ。
まあ、自分も男に恋しちゃったら丸くもなるか。


いおかさんの作品自体には関係ないのだけれど、
奈良さんの絵、なんだか雰囲気が違うように感じます。
ちょっと鼻が高くて、まつげが長い(攻めの優弥も)。
初いおかさんの高校生ものに全体をあわせたのでしょうかね…?

この「恋する〜」シリーズの前二作の主人公たちは
ほとんど出てきませんので、これ一本でも読めますが、
私としては「恋する〜」の方がCPはポイント高いかな…。

あの噛み付き優弥がでれでれになっているのは
シリーズのファンならば一見の価値はあると思いますがw

優弥ファン&電車ロマン派ならオススメな一冊でした。

P.S.真昼の月3も早く読まなきゃ…
| [BL・小説]いおかいつき | 23:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |