-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 個人的なwiki遊び | main | 『絵になる大人になれなくても』/崎谷はるひ(ヤマダサクラコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『エロティック・パフューム』/榎田尤利(石原理)
ラブトラシリーズの二冊目です。

今回はパフュームということなのですが、
みなさま香水はつけられますか?
私はめったにつけませんが、つけるならば
柑橘類とか、あま〜いのをつけるのが好きなんです。
なぜか男物のウッディやミントはあまり好きでなくて…。
こういうところで自分って女性的嗜好だな、と思います。

香水で何よりも困るのは香りの種類云々よりも、
場所を選ばず香水プンプンの人達ですよね…。

さて、もてる香水…あって欲しい、という幻想の
香水が今回の坂東兄弟のお荷物です。
以下、感想です。



エロティック・パフューム
エロティック・パフューム
榎田 尤利著
大洋図書 (2003.4)
bkで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!

☆あらすじ

書類から盗品まがいのものまで何でも運ぶ危険な運び屋、坂東速配。
兄の核、弟の天、そして天の幼なじみ・正文が加わり、数ケ月が経つ。
兄とべたべたする天に正文がなれてきた頃だ。

そんなある日の午後、ホテルでセクフレのヤクザ・沓澤と
優雅な情事を楽しむはずの核は、見知らぬ男たちに拉致される。
同時に、正文と天も、ふとしたことで知り合った老人を
拉致しようとする男たちと出くわしてしまう。

二つの事件を何とか切り抜けた彼らだが、
核はある調香師と間違われて拉致されかけたようだ。
なにやら調香師が狙われたのは、調合した香水に
媚薬効果があるという噂の価値をかぎつけられたせいだという。

危険から香水を守るために調香師は依頼人の老人に
香水を届けて欲しいと依頼をしてくるが、
その老人とは天たちが助けた老人であった…

*   *   *   *   *   *

むっふー!あらすじ書いてて楽しいですw

さあ、またもやなメンバー達についてですが、
純情CP(天×正文)が媚薬の力を借りてステップアップし、
ようやくインサートまでこぎつけました。
(実はプラシーボ効果だったのですが。激笑)
というか、今までやってなかったんだ…。
正文は元々ぼんやりだからおいといても(ひどい)、
天ちゃんもかなり子供だったことがうかがえます。

アダルトカップルこと核と沓澤は停滞的。
というのも、核は恋愛に関しては深入りしないように
してきたのに、沓澤にひかれてしまっている
自分にストップをかけてしまっているためです。
天たちが心→身体、という王道な流れに対し、
核たちは身体→心という大人な流れで、
その対照的な恋愛関係がとっても面白い。

でもそろそろ核さんや、懲らしめてやりなさい!
違う違う、じゃなくて、沓澤に良い目を見させてあげて…。

また沓澤ラブな私が出てきましたが、仕方ありません、好きなものは。

爪を磨いてくれるためにネイリストに教わってきて、
行きつけのホテルにペリエしか無いからってマンションを用意する。
んでもって決め台詞、
『恋する男はバカにならんといかん。
バカになれないようでは恋をする資格はないんだ』


なんて素敵な核弾頭的核バカ宣言でしょう。
なのに、『大きさだけなら彼の方が大きいかも』なんて
核に言われちゃって…およよ、哀れなり。
ま、バカだから可愛いというのもありますがw

ストーリーもまた面白くて、またページが進む進むこと。
老いらくの恋って良いですね…
老人を巧く描ける人=文章が巧い人だと思います。


シリーズあわせてオススメです。
| [BL・小説]榎田尤利 | 20:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:28 | - | - |