-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『エロティック・パフューム』/榎田尤利(石原理) | main | 同人誌・悲しみ編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『絵になる大人になれなくても』/崎谷はるひ(ヤマダサクラコ)
昨日、ブログ261日目(カウンタを設置してから254日目)にして、
カウンタが10万ヒットしました。
ヒットが多ければ良いってもんじゃありませんが、
こんな狭いジャンルで…、感無量です。

継続するモチベーションがあったのは、BLへの愛と、
コメント下さったり拍手してくださる方々のおかげです。
本当に、ありがとうございます。
何か記念企画をしたいところですが…記念企画募集中です。
とりあえず、最近のお気に入りの画像でも。

「題:あとちょっとだけ」

kiss


さて、またもやルチル(幻冬舎)の新刊レビューです。
崎谷さんの新刊を買ったのは久しぶりです。
大人になるのも悪くないなぁ、と思えた一冊でした。
以下、感想です。



絵になる大人になれなくても
絵になる大人になれなくても
崎谷 はるひ著
幻冬舎コミックス (2006.7)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!

☆あらすじ

電子機器メーカーの営業所に勤める坂上真弓(さかがみ・まゆみ)は、
愛想が無いながらもその真面目な対応が好印象を与える青年。
ある日、その営業所に新しくバイトとして入って来た
井原峻之(いはら・としゆき)に驚く。

なぜなら、坂上と井原は、高校時代親友だったのだが、
「あいつといるとしんどい」という言葉を聞いてしまい、
それ以来ぎこちなくしているうちに卒業と同時に
井原は坂上の前から忽然と姿を消してしまったためだ。

そのことに傷つき、いまだ引き ずっている坂上は
八年ぶりの再会に戸惑うしかない。なのに、井原は
過去も思い出も、何もなかったように接してくる・・・

*   *   *   *   *   *

高校生のときにお互いに好きだったのに、
かたやあまりにも純粋で自分の気持ちに気づかないほど鈍く、
かたや性的に進んでいるためにその感情が相手を
壊してしまいかねないほどの欲望・狂気であることを悟り、
抑えることしか出来ない
…だからこそ「しんどい」だったんですね。

そう言えば高校生って、一番個人差が出ているのに、
一緒の行動をして場所にいるという時期ですよね。
(中学生はまだそこまでの個人差は無いし、
大学生になれば個々の行動が選べるようになりますし)
そのうえ、自分の未来が見えなくて、
大人にはなりたくないなんて不安定な時期。

そんな不安定な時期に同じ感情を抱いたとは言え、
潔癖で繊細だった坂上に男との恋愛なんて出来ないだろうし、
もし恋愛をしても身体の関係はできなかったでしょうね。

そんな坂上に身体の欲望無しだなんて出来ない井原も
そのまま感情をぶつけていたら…うまく行かなかっただろうな。
八年間損したと井原は言いますが、そのままでは無理だったでしょう。

だから、大人になって坂上が極端にセンシティブでなくなり、
井原が自分の感情と肉体をコントロールできるようになって、
やっと成り立った関係だと思います。
うーん、こういう再開ものに弱いです。


少し、センシティブじゃなくなるってのは、
大人の嫌なところであり、長所でもあるんですよね。
毎日傷つくことばかりで繊細のままじゃやっていられませんw

でもこんな風に恋愛を享受できるようになれるなら、
大人になるのも悪くは無いと思います。
それこそ私も高校生のときは大人になんかなりたくない、と
思っていましたが、意外と大人も楽しいもんです。
少なくとも、BL本は10倍ぐらい買えるし。


崎谷さん独自の30ページ以上の長いHシーンがありますが、
今回の受は普段しっかり仕事してる面と
セックスのときの幼さの二面性があるのでOKでした。
いつでも幼いだけの受けはだめなんです…。

新刊で買っても後悔しない一冊でした。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |