-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 同人誌・悲しみ編 | main | 8月購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青水無月』/水原とほる(稲荷家房之介)
こんばんは、残業が続くと「アンティーク」みたいな
深夜営業してる洋菓子店が近くに欲しいよう、と思うaya-meです。


タイトルの青水無月=水無月の異名で、梅雨の少し前あたり
葉の青さが濃くなってくるころの季節だそうです。

なんとも美しいタイトルに反し、私にとって読後感の悪い作品でした。
この2人の関係にはぴったりなんですけどね。
水に乾いて飢えた状態が怖ろしくお似合い…。

水原作品も慣れてきたと思っていたのに…とても痛かった、
いや痛いというより、気持ち悪い。
何故かってえのは、下記になります。ネタバレ注意。



青水無月
青水無月
水原 とほる著
海王社 (2006.7)
bk1で詳細を見る
Amazonで詳細を見る

☆徹底的な水原作品。

☆あらすじ

10年前、両親の離婚で弟・達也(たつや)と離れ離れになった陸実(むつみ)。
そのとき父親に引き取られた弟だが、その父が死に、
身寄りをなくした達也と同居することになった。

陸実は兄弟として失った時間を取り戻そうとするが、
達也を迎えたその晩、それまで大人しかった達也が
突然変貌し、身体を蹂躙しようとする。

そのようなことを望んではない陸実は拒否するが、
暴力の前に屈してしまい、関係を強要させられてしまう。

それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、
翌朝は別人のように優しく接してくる達也。

これは病的だ、離れなくては、と陸実は思いながらも、
達也のその不安定さに裏打ちされた自分への執着を感じ、
どうしても10年前に一度放してしまった手を放ってはおけなかった…。

*   *   *   *   *   *

感想は書いてない『初恋』にしろ、書いた『窓』にしろ、
軽いトラウマを残しながら、まだ救いがあった気がします。

それは、壮絶な愛情をたっぷりと見せていたから。
いえ、今回の攻めも壮絶な愛情があることは
嫌って程分かるのですが、手段がいただけない。

水原作品ですから、暴力は覚悟していたのですが(気分良くはないよ)、
まさか輪姦させるとは・・うぇ。ピアスも・・うぇ。
受けが輪姦されて他の男ではだめ、攻めじゃなきゃ!と気づく、
その思考は理解できないし・・世の中色々だけどさ、
そんなことさせた攻めを恨むもんじゃないの?
しかも好きでもない男にレイプされることって、
そんなに簡単に心の中で整理できるものなんでしょうか。

水原作品の特徴、「狂気の愛を受ける中で許しを希う」ですが、
これは恋人とかそういう範疇を超えた世界です。
受け視点で読む私(多くの人はそうでしょうが)には怖い。
顔の描写もない、どうでもいい男たちに犯されるなんて怖すぎる。

でも、なにより怖いのは、もし自分がそんな狂気の愛に
さらされたら受けみたいになりそうなのが怖いです。


書き下ろしが攻め視点で、離れていた間に育った
兄への執着が病的なものへと構築されてゆく過程とか、
彼の内面が直に読めればまた違って来るのでしょうけど・・。
兄弟ものは閉塞的世界をつくってしまいがちなテーマだから
わかっていてもちょっとつらかったです。


ラブ推奨派、ワンonワンでなければ駄目な人は
決して読むべきではありません。
もし読まれるならば覚悟をして挑んで下さい。

しかし、水原さんのガチガチの痛い話ファンには
たまらないのかもしれませんね。
私はついていけなかったです。
稲荷家さんの最後のイラストが唯一の救済…かな。

お覚悟の上でどうぞ。
| [BL・小説]水原とほる | 01:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:00 | - | - |