-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ブレッド・ウィナー』/月村奎(梧桐あさ) | main | 『友情』/武者小路実篤 (読書感想文) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『李歐』/眤七亜(読書感想文)
夏の腐った読書感想文、第1弾は、
オススメの多かった『李歐』からです。
(夏とは言ったけど…一年中書いてるような)

反響がいつもより多かったのでちょっと緊張しつつ、
いつもどおり正直に、思ったままに書きました。

書きながら思ったのですけど、学生の時の感想文は
何の本について、どんなことを書いたんだろう…
多分ちっとは天井裏の片隅にとってあるので、探してみようかな。

さて、『李歐』の感想に行きましょうか…。



李欧
李欧
高村 薫著
講談社 (1999.2)
[BK1]
[Amazon]

☆うしろがき(+α)
惚れたって言えよ―。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐(りおう)。
平凡なアルバイト学生だった吉田一彰(よしだ・かずあき)は、
その日、今までの人生を一変させる、運命の男に出会った。
ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、
十五年の月日が二つの魂をひきさいた。
『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす
美しく壮大な青春の物語。

*   *   *   *   *   *

舞台は暗いのに派手な時代です。
時代が冷戦時代からはじまり、不況、
かつてない好景気、ベルリンの壁崩壊と、
これでもかってくらい激動の舞台。

その中で最も激動してるのは我らが李歐その人です。
なに、スパイでギャングで殺し屋で投資家で美人って。
まるっきりBLの良いとこどりキャラ設定じゃないの!

ただ、単なる良いとこどりと違うのは、この男にはそれだけの
何かがあるんだろうな、という危うい香りの魅力があります。
BLのキャラをも超越しちゃっている怖ろしい男です。


対して一彰は平凡ではないですが暗めに見えました。
行動は大胆なのですが、本人の心は凪いでいるため、
すごいことをしていてもなんだか平然としていると言うか…。
よく考えたら、不倫するわ、ムショに入って男と寝るわ、
もっとすごいこともしているのですが、情動があまりない。

しかし、彼の感情は李歐に関するときのみメチャクチャ動きます。

「(笑顔を向けられ)理由もなく幸せな気分だった」
「もう一度会いたい、ただ会いたいと思った」
「李歐の名を呼んでみた…初めて恋人の名を呼んだようだった」

きわめつけには、

「ああ・・・・・・、心臓が妊娠したような気分だ」

あなた自覚なくても、それ、恋ですからーー!

一目会って、それまでの人生が変わり、今まで生きた分と
同じくらいの年月を待ち、家族を捨て去っても会いたい…
まさに李歐に会うために生きた一彰の気持ちの深さが
普段の彼とのギャップによってありありと分かります。


そして何やかんやがあって、やっと2人が
あえる、皆様が仰っていたラストシーン。
うおぉ、ばらしたくないから引用はしませんが…
プラトニックラブ(ぎりぎり)の傑作シーンです。
エロイムエッサイムだよ…(意味不明)

きっと二人には肉体は関係なかったんでしょう。
そういう恋もある、強がりでなく、そう信じたいです。
22歳からの長年にわたる、同性でしかありえなかった
プラトニック・ラブを濃く、大胆に描いた作品でした。


高村薫さんて始めて読んだのですが、すごく硬くて
粘っこいほどに重々しい文ですね。
なのに、ところどころあっさりとBLチックなことを挿入し、
逆にそのエロティックさが濃く際立ってしまうのでしょう。


このアジア特有の魅力がある李歐が理解できる、
さらに腐女子の素質を持つならば、500ページ、
BLの2倍はある文の量にも挑戦する価値はありです。

なるほど、オススメなわけだ…。私もオススメです。

P.S.こうなると『わが手に拳銃を』も気になりますねw
| [その他]BL以外の小説 | 21:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |