-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< mixi の弊害 | main | 『李歐』/眤七亜(読書感想文) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ブレッド・ウィナー』/月村奎(梧桐あさ)
毎朝、服を選ぶように、気分によってBLを選びます。

コメディ系を読むか、それとも月村奎を読むか、
かなり迷ったのですが、結局アンパイの月村さんにしました。
風でも三元牌でも上がりたいですからね。
(麻雀分からない人には訳分からない文ですみません)

先月に読んだ『家賃』は、月村さんの作品にしては
ちょっと…だったので、微かに危ぶんだのですが、
これはとても良かったです。堂々たる月村作品でした。

詳しくは以下のネタバレでどうぞ。


bure
ブレッド・ウィナー
月村奎著 
花丸文庫(1999.6)
Amazonで詳細を見る

☆オススメ!!!

北川太一
(きたがわ・たいち)は、24歳にして9歳の双子の父親である。
しかし、双子の父とは言え、実の父ではない。
両親からの過度の期待の中で高校受験に失敗し、
努力しても両親の期待に応えられない憤りと親への嫌悪から
ドロップアウトし、未婚の双子の母である亜美と
親への腹いせとやけくそで結婚したのだった。
その後、友人レベルの愛情は持っていた奔放な亜美だが、
双子を置いて男と出て行ってしまった。

太一はやる気もないままに亜美の祖母が残した寂れたパン屋を続け、
不動産の友達に店を高く買ってくれる人を探してもらっている始末。

しかし、そこに現れた買い手は、長谷部(はせべ)だった。
彼は投げやりになる前に虐められていた自分をさりげなく
いじめから守ってくれていたのに、その彼にいじめられ役を
転嫁したという、太一にとって苦い思い出のある相手だった。

長谷部はそんなことはおくびにも出さず、
なんと「パン職人なのだがクビになった。
自分の店舗を見つけるまで雇ってくれ」と申し出てきた。

目標もなく生きている太一と、パンに一生懸命な長谷部、
双子の千里(せんり)と万里(ばんり)の珍妙なパン屋が始まった…

*   *   *   *   *   *

何と言っても一番のテーマは、太一が父親になることです。

親との折衝から始まり、人生に倦んでしまう太一。
大人になっても、子供がいても、
考え方はまだ不幸な子供のままなんです。

でも太一は、周りの人たちによって色々気づかされます。

鏡合わせのように、自分と同じく友人の臆病な恋から
後悔しないように大切な人と一緒にいることを。
長谷部の仕事への真摯さから、働くことの楽しさを。
父親の自分に似た不器用さから、親の本音の愛情を。
そして双子たちの子供ならではの真摯な訴えによって、
親の立場に立つになることが出来るようになるのです。
ええ話やわぁ(いきなり人情人のおばちゃんのように)。

うーん、どんな親でも元は子供…か。
親にならないとわからないことは沢山あるのでしょうね。
私は親にはなれないけど、太一の父、太一、双子、
その親子の関わり合いの中で考えさせられることがあります。

さしずめ、「愛すべき子供たち」/よしながふみ の男性版かな。

双子が家出したエピソードでの、やっと気づいた
不器用な太一の愛情に泣いてしまいました。


え、BL方面ですか?まあ、ありましたよ、多少は。
でも、イチャイチャとかラブラブと言うより、
人間的な関わりの方が強いので…。

しっかし、太一は皆から愛されてていいなぁ。
本性の素直さゆえか、長谷部のしつこさゆえか(笑)


なんにせよ、月村さんのなかでも家族に特化した作品。
それほどBLっぽい派手な題材は狙わない月村さんですが、
やっぱり日常の中にある、ちょっとした摩擦から生じる
いらだち、ふがいなさ、倦怠を書かせたら天下一品ですね。

夏の読書感想文にでも使えそうな作品です。
ここまでくるとBLが薄いからちょっと…とか言えません。
残念ながら絶版ですが、オススメ!!!です。
| [BL・小説]月村奎 | 01:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:01 | - | - |