-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『李歐』/眤七亜(読書感想文) | main | 『さらい屋五葉 1』『LA・QUINTA・CAMERA』/オノ・ナツメ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『友情』/武者小路実篤 (読書感想文)
今日は更新する気はなかったのですが、

よく考えたら今夜は801やおいの日ですからね!

…そんなのあるのか知りませんがそう決めたってことで、
メジャーな李歐の次は、BL好きにはマイナーな作品をアップしました。
(この作品に対するコメントがなかったのはこれだけ…w)

序文の書き出しはすごく好印象。

「人間にとって結婚は大事なことにはちがいない。
しかし唯一のことではない。…」


まあ、なんて素敵な序文なんでしょう。
と思い、読んでいったのですが…。
続きはネタバレ感想です。



友情
友情
武者小路 実篤著
新潮社 (2003.6)
[BK1]
[Amazon]

脚本家の野島(のじま)と、作家の大宮(おおみや)。
2人は非常に厚い友情で結ばれている。
しかし、その関係は、野島が友人の妹・杉子を
熱愛し、また、その杉子が大宮に惹かれ、
大宮がその関係に悩むことからしだいに形を変え始める…。

*   *   *   *   *   *

驚くべきは80年前の三角関係のかたち。
今と変わらないじゃんね…変わんないですね、人って。
最近はマンネリだって言う人がいるけれど(私もたまに言うが)、
生まれる前からマンネリなんですもんね…。

「これがワタシたちの小説ベスト〜」の通り、
確かに大宮は良い男でしたよ。途中までは。
野島のことを応援して、薦めて…。

でもって、私としては、杉子をうっちゃって
「僕は野島のことが好きなのだ…!」となればよかったのですが。


でも結局選んだのは杉子!
大宮は友情より女を選びました。
友情より女選んだ時点でサイアクだよな…。

しかも、この男、杉子とのやり取りした文を見せるんですよ。
「君なら分かってくれる、判断は君しだいだ」って…
好き勝手言ってくれるなぁ、もう。
本当に良い奴だったらそんな自己満なことしないし、
それをしたことで今までの行動が全部欺瞞になるでしょうが。
成長して欲しいだの君なら乗り越えられるだの、大宮、お前は何様だ。
もし愛情が幻なら友情も幻かもしれない、と
考えないところが大宮はアホウでした。

普通に見れば、板ばさみに苦しんだ恋の成就と信頼のある失恋ですが、
腐れフィルタで見れば、大宮の卑怯な攻めっぷりが激萎えです。


また、作品として気になったのは「恋愛の残酷さ」ですね。
野島がちょっと杉子を愛しすぎて酔ってるのも
盲目的で少し怖いけど、それは置いておいて、
杉子の恋する乙女の傲慢さに自分勝手さと来たら…。

野島の事は尊敬すると言いながら、

「野島様の妻には死んでもならない」
「正直に申しますと、ありがた迷惑に思っております」
「野島さんだって、今にきっと私と結婚しないでよかったと
お思いになってよ。…あまり野島さんの事は
お気になさらない方がよろしくってよ。」

大宮に「親友の野島さんは気にするな」って、
アンタがそれを言うか?む、無神経な女です。
親友との天秤で困ってる想い人にそれを書く女…怖いです。


もう、性悪同士で好き勝手してろ、と言う気分です。
野島、本当に杉子と結婚しなくて良かったと思う。
(きっとガラかめの杉子さんはここから取ったんだわ、ぶつぶつ…)

80年以上前の作品にしては読みやすかったですが、
私としては友情を優先させるなら理想でごまかすな!と
白樺派のうそ臭さにちょっとへそを曲げた作品でした。


P.S.
この終わり方はなんとも野島の哀れさが際立つので、
勝手にエンディングを付け加えさせてもらいます。

2年後、杉子は向こうでさらに性悪となり、
全てを裏切り、何もかも失って落ちぶれた大宮と、
パトロンを手に入れて成功した野島が再会。

大宮「僕が間違っていた…やりなおそう…」
野島「君との繋がりは2年前に終わったのだよ」

憐憫の情を目に浮かべながら話している野島…幕。
(この先はハッピーでもアンハッピーでもどっちでも可)

この情景を思い浮かべることが私にとっては
この小説の唯一の楽しみではなかろうか…w
| [その他]BL以外の小説 | 00:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - |