-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『友情』/武者小路実篤 (読書感想文) | main | 『OPERA Vol.3 眼鏡特集』/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『さらい屋五葉 1』『LA・QUINTA・CAMERA』/オノ・ナツメ
さーて、今日のゲイ&腐男の更新は

「こんばんは、aya-meです。磯●家は海にでかけて
共食いしておりますので、私が代理でお伝えします。
さて、今日の更新は『さらい屋五葉 第一集』と
『LA・OUINTA・CAMERA』(ラ・クインタ・カーメラ)の
二本です。いつもより一本足りないので長めにお伝えします。」

明日もまた見て下さいね、じゃんけんポン!(私の頭がパー)
う腐腐…

…許してください、長谷川町子さん。

片やデフォルメされた可愛いキャラたちが表紙の
『LA・OUINTA・CAMERA』(ラ・クインタ・カーメラ)と、
片や怪しげな男と弱気そうな侍が表紙の
『さらい屋五葉 第一集』を一緒の記事に
してしまうのはどうかと思いましたが…、
オノ・ナツメフェアと言うことでOKとして下さい。

どっちも面白かった!
素敵だ、素敵だよ、オノ・ナツメさん!
ふふふ、ちょっとテンションたかめでお送りいたしまーす。



LA QUINTA CAMERA

LA QUINTA CAMERA
オノ ナツメ
小学館 (2006.7)
[BK1]
[Amazon]

☆あらすじ
イタリアのとあるアパート。
共同生活を送る個性豊かな4人の独身男と
あまった5番目の部屋に代わる代わる下宿する留学生。
偶然が引き合わせた仲間たちがそれぞれ抱える想いと、
共有するあたたかな時間…

*   *   *   *   *   *

4人だからってすぐにカップリング考えちゃダメよ!
うーん、考えた人が言っても説得力無いですね〜。
オノナツメ名義ですからね、BLではありません。

ですが、やっぱりこの人の書くオヤジは良い!
ハゲカフェオーナー兼下宿屋の大家に、ヅラ漫画家オヤジに、
ちんちくりんな帽子オヤジに、無愛想無精ヒゲオヤジ。
リストランテ・パラディオーソや後述のさらい屋五葉とは
全く違った、ちょっとちがったオヤジたちです。
わざとファンシーに描いたオヤジたちっていうの?
んん…上手くいえないけど、可愛いw

ストーリーはあらすじのまんまで、
同居することによって共有することを楽しみ、
別れることで寂しさを味わう、そんなんです。

「人がいるだけでそれはドラマである」。
特に何が起こるわけでもなく、もちろんBLもない。
それでいて、人と暮らすって素敵だなぁ、と
思わせてくれる、人間関係の面白さを味わえる作品でした。

つまり良いマンガって事ですね。


さらい屋五葉 1
さらい屋五葉 1
オノ ナツメ
小学館 (2006.7)
[BK1]
[Amazon]

☆あらすじ
いつも頼りなさげな浪人、(まさ)。藩に暇を出され、
自分の欠点を直して再仕官をしよう、と考えて
江戸に出てきたが、用心棒も続けられない始末。
そんな彼にやっと舞い込んだ仕事は、拐かしの一味の用心棒だった…

*   *   *   *   *   *

はじめは正直、ふーん、オノさんが時代物〜…と
思っていたのですが、このクセのある絵が
和服やひっつめ髪とミスマッチで良いです。

『LA QUINTA〜』の焦点が日常での人の関わり合いとすれば、
こちらは優柔不断な侍と、妖しげな一味との非日常な関わり合い。

BLで言えば「不良の仲間にはなれないけれど、
ちょっとワルの自由さに憧れている、平凡な子」のお話です。

しょぼい顔つきの政と、妖しげで何を考えているか
さっぱりつかめない弥一(やいち)とのコントラストが面白い。
この2人、すっごくBL臭がプンプンするんですよね〜w

弥一「仲間にしてえのは…だけじゃねえ 見てて飽きがこねえんだ。
…俺らしくねえってのは俺が一番分かってるさ。」(一部略)

それ、恋ですよ、恋ですから!
ひとめ〜で、わかった〜の〜ってう●ださんも
歌ってるじゃあありませんか、ねえ。


ストーリーも、このままゆるりとした状態で進むのか、
それとも段々と展開してゆくのか…すごく楽しみです。

やっぱり、マンガとして読ませてくれるものがあるから
オノさんのは安心して作家買いできますね…オススメです!

P.S.二冊の帯でポストカードプレゼントですって、ラッキー!
| [その他]BL以外のコミック | 01:29 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:29 | - | - |