-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダ・ヴィンチ 9月号 | main | AERA 『スーツ萌え女子怒る「クールビズ」』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『聖なる黒夜』/柴田よしき (夏腐感想文)
順調に計画どおりの、夏の腐った読書感想文、第3弾です。
饐えたニオイがしそうな企画名ですみませんね。

そうそう、一部分ですが昔の読書感想文が
やはりとってありました。ええと、
小学四年生がズッコケシリーズ。
中学二年生が…夏の庭。
高校一年生が……こころ。

うむ、実にどれもこれもBLくさい作品ばかりですね!
このブログの原点とも言えるのでしょうか。

ま、原点にならって、今日も感想を書きなぐりました。
以下ネタバレ感想です。



聖なる黒夜
聖なる黒夜
柴田 よしき著
角川書店 (2002.10)
[BK1]
[Amazon]

☆オススメ!!

☆あらすじ

暴力団幹部・韮崎が、深夜のホテルで殺された。
刑事課一課係長麻生龍太郎(あそう・りゅうたろう)はその事件の担当となる。
捜査にあたる中、高校の剣道部の先輩でもあり、
マル暴担当四課の警部でもある及川に、
参考人の韮崎の愛人の1人・山内練(やまうち・れん)に引き合わされる。
その山内の名を、麻生は以前から知っていた。
10年前のある事件の犯人だった彼を捕まえたのは麻生だったからだ。
しかし、山内には10年前の気弱で、泣き出しそうな
青年の面影はなくなり、韮崎の右腕となっていた…

*   *   *   *   *   *

650ページ強、しかも二段組の分厚い本です。
色々な愛情の形が生んだ、悲しくて辛い物語。
けれど、手と止めようとは思わなかった作品でした。

その理由はまず、刑事ものとして秀逸であること。

最近ミステリがご無沙汰になっていた私の心に
見事に火をつけてくれましたね、この作品は。
これでもかってくらい謎を提示し、それを一つ一つリンクさせ、
最後に向かって収束してゆく、その見せ方が上手い!

最後の犯人に行き着くまでが非常に長いのですが、
丹念に検証しているため、無理などんでん返しもなく、
長く感じずに楽しい推理劇を見せていただきました。
ラストの犯人のセリフは、これからの日本において
一番増えそうな復讐の理由になりそうで、戦慄しました。

ちょっと辛かったのは過去と現在が行き交う構成のため、
時系列が難しく感じたことかな。通勤時間に読んだため、
頭の中を整理するのに苦労しました。
整理しながら進めたので良かったのかもしれませんが。
これは個人的理由なのでマイナス要素にならず。


さて、もう一つの理由は人物の魅力。

まずは、決してハッピーとはいえないけれど、
恋に堕ちて(落ちて、ではない)しまった麻生と練。
ここには社会的な問題、冤罪、誤認逮捕も混じってきますし、
愛なんて言葉であらわすには、傷つけ合いすぎている二人です。
なんたって、ラストでのプロポーズ(としか思えない言葉)が、
「一生(償いに)かけさせてくれ」ですからね…痛ましい。

けれど、お互いのラブの深さはもの凄いものです。
ひどい関係に見えるけれど、愛と憎しみは表裏一体、
執着の深さがむしろラブラブにしか見えないのは
きっと腐れフィルタを持っているひとには共通でしょう。
結局、傷つけあってもラブなんだよ、この2人は!

10年後ぐらいには許しあえる仲になってると良いですね。


とまあ、上記の二人が主演男優賞・女優賞ならば、
この作品の助演男優(女優?)賞は及川警部です。

彼の女々しさを雄々しさで包んだ性格、どっかで見たと
思ったら、剛しいらさんの辰巳に似てました。
自分も演出の度合いは多かれ少なかれ、中に女を飼う性格ですから、
麻生への想いが痛いほど分かるといいましょうか、
一番行動的にも心情にもシンクロしたのはこの人でした。
ノンケへの恋は報われないよねぇ、及川…
でも、私は練よりアンタが好きだよ…すみません、脇役スキーで。


BLの観点をなしにしても面白かったと思える作品でした。
夏の一気読みに推薦したいと思います。

P.S.ほかの作品でも練・山内・及川は出て来るそうなので、
ちょっとそそれらます…。
| [その他]BL以外の小説 | 23:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |