-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アンケート・「勝手にBL大賞作家選考委員会」 | main | 『極妻のススメ』シリーズ/甲山蓮子(タカツキノボル) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2006年 上半期 worst5
昨日始めたアンケートですが、既に24もの回答を頂きました。
真剣にお応え頂き、ありがとうございます。
8月末日まで実施しておりますので、ご回答お待ちしております!

さて、一部で話題にしておりました、worst企画です。
前にも書きましたが、私は基本的に雑食なので、
お約束でもなんでもひどくない限りは楽しめます。
腐女子があまり好まない(と思われる)ショタだって大抵平気。
萌え沸点温度がかなり低めな人間だと思っています。
が。
面白い作品の感想をここに書いている裏には、
感想を書こうとも思わない、つまらない作品たちが死屍累々です。
そんな本たちの一部をこっそりランキングで発表します。
以下「あえての黒!」でしかも長いですので、
辛口が嫌いな方はこの先見ない様に・・・



どれだけ酷いかを視覚的に分かりやすくするため、
10段階評価であらわします。

☆worst5
『ハーレム・ナイト瑠璃色の王冠』/井村仁美(やまねあやの)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (やまねイラストで+1)


「王子は〜、金持ちで〜、経営者で〜、年下なのに傲慢で〜、
金銭感覚なくて〜、でも庶民の立場の受けに怒られるのも好きで〜、
そんなギャップが素敵っていうかぁ」
、お約束な何でもあり攻め。
そして、サラリーマンなのに幼稚で危機感ゼロな受け。
イラクの「自己責任」問題前でもここまでのアホはあまりいません。
それに加えて、衰退しつつあるアラブものと組み合わさったら、
もうおわかりですね、…マンネリでつまらない。
この作品でしか味わえない!と言うものが見当たらないのが痛い。
やまねあやのさんのイラストぐらいしか見る価値ないため、
この本は45分ほどで読み終わりました。
井村さんの本を買って後悔したのは初めてでした。

☆worst4
『主夫のおつとめ!』/剛しいら(片岡ケイコ)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (チャレンジ精神に+1)


ライターと天然ボケ受が幽霊屋敷で繰り広げるコメディかつちょいシリアス。
(すごく十把一絡げにまとめました)
コメディとは、いっそここまで突き抜けているべきなのかもしれない。
その点ではさすが剛しいらさんだな、と言うべきなのですが…
座敷わらしとの3Pは…かなり萌えない、ありえない。
いくら私がキワモノ好きでも頭が拒否してしまいました。
人外でも吸血鬼や狼男などを超越するチャレンジ精神には脱帽ですが…

hahaha

ははははは。今年のトンチキ本第4位でもあります。私もまだまだです。
本当に幅が広い分、当たりはずれの幅も広い方です…。

☆worst3
『この次は、もっと』/綺月陣(西村しゅうこ)
★★☆☆☆☆☆☆☆☆


でました、綺月陣さんお得意のエロオンリーバカ話!(失礼)
みなさまは読書中に「この人、これが書きたかっただけ?」と
たまに作者の意識するものが見えることはありませんか?
私には見えました。この本は、四十八手のみです!
裏表紙が肌色の本に期待する私がバカだったのでしょうか。
いっそのことストーリーがもっと破綻していれば楽しめたかも。
この人はエロが濃いながらもときに印象的な作品を書かれるのですが、
ダメなときはやおいです。(やまなし、おちなし、いみなし)
ツボに来るときと来ないときがはっきりしすぎています…。

☆worst2
『SHAKE BEAT!!』/高崎ともや(こうじま奈月)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さて、ここからは恐怖の1点以下領域です。
探偵のコンビ兼恋人が突然小学生になっちゃうお話。
まず、刑事の出来事パートがつっ、つまらん。
筋が読めても読ませてくれるならばよいのですが…
さくっと進んで、さくっと終わってしまいました。心理面も浅い。
Hシーンでも元が大人とは言え、小学生に挿入はどうかと。
もし一箇所(無理して)良いところを挙げるならば、
受けがちっちゃくなってるときのHシーンで、
「いつもより大きい…!」とのたまうところ。
冷静だなぁ、そりゃ相対的にそうだよね、と納得する点…
やっぱりダメですか?じゃあ褒めるところないですねー。
あとこうじま氏の挿絵はどの本も似た構図の絵が多い上に、
大抵どちらかの首の角度がおかしいので怖いです。
トンチキ本の第3位でもあります(ダブルってのはすごい・・・)。

☆worst1
『ときめきホームラン』/内村りんこ(桜遼)
★☆☆☆☆☆☆☆☆☆


プロ野球選手×一般人で、一般人がその関係ゆえに苦境に立たされる話。
タイトルはときめき〜ですが、どこにもときめかない。(全否定)
まず、野球選手の攻めがとにかく頭悪く、巨根で絶倫。
(なんで攻めの野球選手ってこのパターンなんだろう…。
頭が普通レベルの人ってダブルコールの彼等ぐらいでは)
また、BL界お約束の巨根で絶倫は一見プラスですが、実はマイナス。
受けが肛門科に通う羽目になるデカさと持続力ですから。
受けはマスコミにぼろくそにされ、職も失い、
おまけにどうしようもない攻めに攻められて化膿。
デカイのは危険、というテーマかと思うほど肛門にこだわった作品。
作品の面白さ・奇抜さはトンチキ1位『don't worry mama』には
どうあがいても敵いませんが、裏トンチキ1位かもしれません。
そのトンチキを追及する以外で読むならば、絶対苦痛です。
読んで思った事は、ただひとつだけ。

moukawanai

あえての黒、たまには楽しいなぁw
不快な気分になりたい人にのみオススメします。
(ワースト4と3あたりは人によっては平気かも…)
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2006年 | 21:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |