-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2006年 上半期 worst5 | main | 『100 Love Letters』/榎田尤利(石原理) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『極妻のススメ』シリーズ/甲山蓮子(タカツキノボル)
アンケート実施中、詳しくはこちら

先日、『十字架とピストル』で彼女の隠語の豊富さ魅力に
魅せられて、(一部に)ハマリ中の甲山さんです。

あ、余談ですが、甲山さんの読みは<こうやまれんこ>です。
私は読むまで<こうざん>だと思っていました。
そういうことって沢山ありますよね?特にBL作家だと。
高月まつりさんは「たかつき」(正:こうづき)だと思っていたし、
花朗藤子さんは「かろうとうこ」(正:はないらつふじこ)だと
思っていましたからね…ペンネームって難しい。

さて、今回もその隠語の描写に期待をしていたのですが、
まさに期待通りでした。いろんな意味で楽しめました。
感想は以下続く!(オ●ギリジョーのCMっぽく)



極妻のススメ
甲山 蓮子著
心交社 (2003.6)
[BK1][Amazon]
極妻のススメ2 [Amazon]
極妻のススメ3 [Amazon]

☆ライトなヤクザものが好きならオススメ!

☆あらすじ(1巻のみ)

人気予備校講師の和田優介(わだ・ゆうすけ)には秘密があった。
なんと優介の父は和田組組長、いわゆる極道なのだ。
父との仲は現在はあるものの、父が極道だったせいで
母を早くに亡くし、ヤクザ自体が嫌いな優介は、
塾講師として平穏な日々を暮らそうとしてきた。

しかし、ある日優介は黒塗りのベンツに自転車をぶつけてしまった。
ベンツの中から出てきたのは伊達組二代目の伊達崇人(だて・たかと)。
優介は彼に「5百万弁償」、「死んで臓器を売る」、そして
「一晩抱かれる」の三つの選択肢をせまられることになる。

ヤクザの息子だと告げるわけにも行かず、
結局抱かれることを選ぶが、そこに1本の電話が入った…

*   *   *   *   *   *

甲山作品はヤクザものだけどライトなヤクザもの、という印象を受けます。
それは、ストーリーや伏線自体がつまらないわけではなく、
多分、主人公たちの関係によるものだと思います。

主人公の優介は基本的にヤクザの世界には首を突っ込まないし、
攻めの伊達もそんな優介の姿勢を知っているため、
優介にはヤクザの世界で起こっている事を伝えません。

それはそれでいいのですが、非常事態となると(毎回なってますが)、
突如優介がかどわかされたり危ない目にあったりしても、
伊達は「いい子だから大人しく待ってな」で済ませちゃうんです。
つまり、コトが起こっている間の騒動は読者側にも分からないw
で、あとで名探偵よろしく解説するだけで終わりなので、
それほど闇の部分がなく、ライトな印象を受けるのではないかと。

結局2人の関係ははなっから最後までラブラブですし、
ドロドロのヤクザものが好きな人には物足りないかもしれませんが、
それが大丈夫なら、あとはラブと隠語描写を楽しむばかり。
Hシーンは濃いというより、下品なんですよね伊達が・・・
実にダイレクト。こんなとこばかり場末のヤクザっぽい伊達ですw

しかしね、やはり甲山さんのバリエーションには恐れ入る。
またチェックしつつ読んでみたら、『十字架とピストル』と
かぶるものも含めて、総勢25種類の性器ワード!
しかも法則性があり、片方に「牡」「茎」などの基本語、
もう片方に「肉」「硬」などの修飾語を入れてマトリクスで
組み合わせるとほら、簡単に「肉牡」や「硬茎」のできあがり。
画期的な法則ですよね…やっぱり性器賞受賞に相応しい方です。


ライトにヤクザを楽しみたいときにうってつけです。
1巻しか紹介してませんが、大まかな構成は大差ありませんので、
1が平気そうなら、2〜3も続けてどうぞ〜。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:25 | - | - |