-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『しゃばけ』/畠中恵 (夏腐感想文) | main | 行ったり来たり、購入リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『自己破壊願望』/松田美優(あじみね朔生)
松田美優さんの著作2作目です。

前作の『赤い呪縛』がなかなか好評なので読んでみて、
暴力シーンは苦手ながらも、全体としてはなかなかだったので
とりあえず次のは読もう、と思った作家さんでした。

しかしこの作品、タイトルも表紙も裏表紙も、
やさぐれ感がバッチリなので自ずと手を出しづらくなり
いつの間にか1ヶ月以上経ってしまいました。
ヤクザスキーとしてあるまじき行為ですね。反省。

まあ、そんなへたれた事情は置いといて、以下ちょいネタバレ感想です。


自己破壊願望
自己破壊願望
松田 美優著
大洋図書 (2006.8)
[BK1]
[Amazon]

☆あらすじ
夏目亮太
(なつめ・りょうた)の父は飲み屋の外国人の女に貢ぎ、
美人局にひっかかり、家も金もなくし、借金だけ残し失踪した。
母も、借金を亮太に押し付けるようにしてどこかに消えた。
結果、亮太は返済を迫る借金取りから逃げるわけにもいかず、
少しでも時給の良いガソリンスタンドでバイトをする毎日だった。

そんなある日、取立ての斉藤は、亮太に時給の高いピンサロで
呼び込みの仕事を斡旋するが、斡旋された店の支配人であり
ヤクザでもある千葉に暴力を受け、次第に力づくで身体を奪われるようになる。

その暴力的なセックスに嵌っていく亮太は、父と同じような暗い道は
辿りたくないとあがくが、心も体も千葉に囚われてしまう…

*   *   *   *   *   *

全体にハードコアですね。ハードボイルドではなく。
とにかく暴力→セックスが多いんです。
好きだから殴るのではなく、服従させるための純然たる暴力。
まあ、もちろん奥底では好きという感情があるからなんですが、
その感情がかなり攻めの中にうっすらと見える程度なので、
ヴァイオレンスが苦手な方はちょっときついかもしれません。
(攻め以外にもけっこうボコられますし・・・)
私はこのさじ加減、嫌いじゃありませんけどね。


カップルとしては、亮太が転落の一途を辿っているようにしか見えませんw
千葉にも「ヤベえのに惚れられちまったな。可哀相に」
言われてしまうくらいですからね…。うん、たしかに千葉君、
君はいつまでたってもいじめっ子だろうねぇ。
でも、最終的には亮太は千葉ラブ優先(もう堕ちまくり)になるので、
本人承知の上ということでの状況ならば1千万の借金がなくなるだけ
最初に登場したときよりはマシなのかな…?
その辺は私は堕ちてないのでわかりません。

ちょっと不思議なのは、『赤い呪縛』を読んだ方なら
きっとお分かりになるかと思いますが、突然、途中から
受け(亮太)が誘惑のスキルを手に入れますw
松田さんは危ない男×あからさまに誘う受がお好きなようです。

あんまり暴力が介在するのは好きじゃないんですけど…、
それでも引っ張る力はありました。次回作もこのパターンなのかな?

どちらにせよ、ひとつ不満があります。
出版社のオンラインショートストーリーにその後のハッピーを
書くぐらいなら、ノベルスに収録して下さい。
(これはSHYノベルスに言うべきか…。)

ヤクザ関係の事件は何も起こらないのに、
その辺のヤクザものより暗いこの読後感。
ハードコアとか危な過ぎる男がお好きならどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |