-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『極妻のススメ』シリーズ/甲山蓮子(タカツキノボル) | main | 『純情アイランド』/砂原糖子(夏目イサク) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『100 Love Letters』/榎田尤利(石原理)
ラブトラシリーズの3冊目にして完結編です。
榎田尤利さんの感想は19冊目ですか…全部制覇したいところです。

その割にはラブトラの前作の感想から随分時間が空いてしまいました。
そんなことを言ったらGENEのシリーズなんて
2巻で止まってるけどどうするの?という突っ込みは
ぜひなしでお願いいたしますです、はい。

墓穴をこれ以上掘りたくないのでさっさと感想へ行きましょう。



100ラブレターズ
100 Love Letters
榎田 尤利著
大洋図書 (2004.7)
[BK1][Amazon]

☆オススメ!!
☆あらすじ

坂東兄弟が営むちょっと危険な運び屋、坂東速配。
そこに、今日も新たな依頼が入ってきた。
その依頼は、毎日一通、合計百通の書類を、極秘にある人物に届けること。
依頼主は沓沢の所属する龍ヶ崎組の姐さん、龍ヶ崎窯子。
ヤクザがらみの仕事とはいえ、それほど危険ではなさそうな
依頼だったが、運ぼうとしていた天、核にそれぞれ危険が迫り、
代理として正文が届けることとなったのだが…

*   *   *   *   *   *

また終わって欲しくないシリーズが終わってしまいました。
シリーズものって、3巻を越えたあたりでダメなものと
続けて欲しいものに別れると思うのですが、いかがでしょうか。

それはさておき、今回は表紙から分かるように、
沓沢と核のストーリーに比重が重くかかっています。
(正文って最後まで表紙になりませんでしたね…)

深入りしたくないと思っていた沓沢と一緒にいることに
慣れてしまっていた核は、ある要因も加わって
距離を置こうとするのですが、そのことに沓沢が怒りまくり。
初めて二人が見せた真剣な丁々発止のやりとりで、
ついに大人な関係が崩れて本音な付き合いになります。
「まだ俺はオヤジじゃないぞ」と言ってる時点でオヤジな沓沢と、
年下なのに女王様な核の攻防…いいですねえ、この二人は。
37と23という年の差もバッチこいやで大好きです。

天と正文たちにもちょっとしたすれ違いはありますが、
まー、甘々でラブラブと思っていただければ結構です。
傍から見てりゃ、喧嘩したって結局両方とも
ラブラブ(沓沢大辞典では死語ではないらしい)なんだよね…。

そうそう、両方のカップルが不仲になる原因の姉妹がいるのですが、
それなりに騒動を起こすものの、かえってお互いのラブを
深めるだけになってしまいました・・・BLにおける女性よ哀れ也。
けれどやっぱり単なる当て馬じゃなくて、それなりの思考と
判断をしているところは榎田さんの女キャラでした。

運び屋家業のストーリーでは、「エロティック・パフューム」同様、
また老人の恋がからむのですが、これが良いんですよ…
そう、恋文に憧れた世代ならこの気持ちは理解できるはず。
手紙って即時性が無いぶん、また違った楽しみがありますもんね…。
レトロな方法もたまにはいいかもしれませんね。
(さすがに百日毎日来たら通報するけど)


ただ、恐怖の正文料理に関しては今回も健在。
モッツァレラチーズ入りの味噌汁、かぼちゃの肉じゃが、
ホワイトチョコレート入れすぎのホワイトシチュー、etc。
かぼちゃの肉じゃが以外は耐える自信がありません…。
榎田さんの本なのにあまり美味しそうなものが出てこないのは残念。


でも、全体としての評価は、終わって欲しくないよ〜!w
もっと続いてくれればよいのに、と思う良シリーズでした。オススメです。
| [BL・小説]榎田尤利 | 22:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |