-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『100 Love Letters』/榎田尤利(石原理) | main | BLゲーム・「花町物語」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『純情アイランド』/砂原糖子(夏目イサク)
いつの間にか記事が300件を超えておりました。
あっちゅう間にネタが尽きてやめるだろうと思っておりましたが、
以外や以外、こんなに続けられるとは驚きです。
これからもどうぞ宜しく御願い致します。

さてこの作品島ものと言うことですが…響きが良いですよね。
島もの。連想するに、純粋、天然、幼馴染み…童貞。コホン、失礼。
響きは別としても、この作品はかなりツボでした。
その理由は下記ネタバレになります…。



純情アイランド
純情アイランド
砂原 糖子著
新書館 (2006.8)
[BK1][Amazon]

☆ベタ好きなら読むべし!

☆あらすじ
崎浜港平
(さきはま・こうへい)には悩みがあった。
島1番の大家にして生き神・王子のように扱われる幼なじみ、
比名瀬稜(ひなせ・りょう)に好かれて以来、生まれ育った島から出られない。
崎浜は猛烈にアタックしてくる比名瀬から逃げる毎日だが、
比名瀬はなんと6畳一間のアパートの隣室に越してくる。
生活能力ゼロの比名瀬の面倒をしぶしぶ見ているうちに、
今までとは違った感情が芽生えてくる…

*   *   *   *   *   *

ツボは一言に尽きます。攻めの崎浜。
崎浜は…そう、小学生の高学年まではもてるタイプ。
粗野でガキっぽくって、野性味あふれる男の子。

ほら、大人になり始めると、お金とか家庭とか、
本人以外のファクタがからむから…。
残念ながらまだ社会的に男女が平等ではありませんから、
良いパートナー=お金をそれなりに稼げる人という図式が
残ってしまうのは仕方がないことかもしれません。

上記の理由で中学生からはもてなくなるタイプかな、と。

けれどね、このタイプは野性的な分、本能にキューンとくるっ。
ゲイは相手のステータスを加味しない分、余計にこのタイプに弱いのかも。

でもゲイ(ほぼ全員?)はこうも考えるわけですよ。
「男らしい男は女性的な男を愛すはずが無い」と。
だったら男らしくなって、男らしい男に愛されよう、とするのがイカホモ…
またまた逸れましたね、ええと、そのようなことを考えるせいで、
かえってゲイはノンケのこのタイプには近寄りづらいんです。

けれど、そこを突き破るのが崎浜のことしか考えない比名瀬。
男らしいとか、女らしいとかそういうことは考えず、
いっそ清清しいくらいの思い込みで突っ込んでくれるのです。
そこがすごく、読んでいて自分の願望を託せるんです。
そのようなノンケ同士の低確率の恋に私はツボを感じるのです。

しかも、ベタ過ぎる展開、とあとがきで自ら仰っているように、
前編は「押されててたのに引かれて、気づいたらラブ」、
続編は「遭難して裸で抱き合い、躊躇しているうちに記憶喪失、
でも愛の呪文マハリクマハリタヤンバラヤンヤンヤンでラブラブ」、と
ベタもベタで塗りすぎです先生!なのですが、
ベタで何が悪い、と開き直るほどベタ好きなので余計ツボ。
(基本的に全てベタなんだよ、恋愛なんて…)

さらに夏目さんの描く崎浜がツボ過ぎて…
なんて普通の青年を描くのが上手いんでしょう!
への字の口が可愛い…と思うような私は末期でせうか。

というわけでツボだったのですが
うーん、今回は自分の立場での感想が多いですね。
ツボだと感想が突っ走ってしまいます…すみません。
まあ、感想文だから許してください。


ノンケらしいノンケと、天然ボケ王子のお話、
古典+コメディ+切ない、かな?満喫いたしました。
ぶっきらぼうだけど実は可愛い男が好きなら、読むべし。

p.s.
砂原さんは展開してゆきたい作家さんなんですけども、
作品を読むのはまだ2冊目なんですよね…、
オススメがありましたらコメントお寄せください。
| [BL・小説]砂原糖子 | 23:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |