-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月新刊購入予定リスト | main | 『自己破壊願望』/松田美優(あじみね朔生) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『しゃばけ』/畠中恵 (夏腐感想文)
楽しい夏休みも(高校生までは)残り10日となり、
残暑お見舞を申し上げる季節となってまいりました。
気温はまだ盛夏ですけれど、お見舞い申し上げます。

そうそう、夏休みといえば宿題ですが、基本的に
計画を立ててきっちりとやっていた気がします。
(もちろん計画は結構ずれていくんですけれど)
小心者&終わり頃に一気にやる気力も体力も無いからです。
一夜漬けって、こつこつやるより才能が必要だと今でも思います…。
余談、以上。

さて夏の感想文も後半、今回は残暑を涼しくしてくれる
おどろおどろしいあやかし達が…ではなくて、どこか
可愛らしいあやかし達が登場する、この作品です。



しゃばけ
しゃばけ
畠中 恵著
新潮社 (2004.4)
[BK1][Amazon]

☆軽くBL風味を味わいたいときにオススメ

☆あらすじ

江戸有数の薬種問屋・長崎屋の一人息子、一太郎(いちたろう)は、
幼い頃からめっぽう体が弱く、外出もままならない。
そんな一太郎の話し相手は、祖父が連れてきた妖怪にして
問屋の手代である佐助仁吉のふたりと、
何故か自分だけに見えている妖怪達だけであった。

成長してもあいかわらず体の弱い若だんなの一太郎だが、
必要に迫られ目を盗んで外出した夜に人殺しを目撃してしまう。
怪しい人物から間一髪で逃げることには成功したが、
以来猟奇的殺人事件が続き、若だんなにも危険が迫る。
必然的に若だんなと妖怪達は調査に乗り出すが・・・

*   *   *   *   *   *

ファンタジーノベルらしく、設定を楽しむ作品ですかな。

なんといっても若だんながBLの道を行くお方です。
体が弱くて、1日中寝込んでいることも珍しくなく、
出かけたと思ったら必ずぶっ倒れて死に掛けるという、
まるで少年愛御用達のサナトリウムの青少年のようです。
殺されかけるより勝手に死にかける回数の方が多い程ですから、
それくらい言っても差し支えないでしょう。
死に何度も直面しているせいか、女性や子を残すことに
冷めているのですが、それもまたBL風味の一端としか思えません。

そして周りを取り囲むのは妖怪たち。
妖怪と言うと京極夏彦などの重い世界が頭に浮かびますが、
それらとは一筋隔てた軽妙な妖怪が登場します。
佐助と仁吉なんて、人間に混じって仕事してますしねw

そしてどの妖怪も若だんなを溺愛しまくり。
佐助と仁吉の手代コンビは一般的には一人前の齢の若だんなに
お菓子をあげていたり、血のニオイがするというだけで
若だんなを抱えて隅々を検分(どこまで検分してるんだか)するほど。
屏風のぞき(屏風の中の美男子)もからかいながらも若だんなを溺愛。
家鳴(ちっちゃい小間使いみたいな妖怪)も若だんなに
褒められたくて仕事をしてくるくらいです。
若だんな、サナトリウムじゃなくてハーレムか…っ!
まあ、佐助と仁吉で3Pってとこが順当ですけどね。

ただ、佐助と仁吉のキャラが強く差別化されていなかったので、
これからが楽しみといったところです。

人殺しの犯人探しも、意表をつく展開ではなかったにしろ
進め方がキレイでしたし、文も読みやすくてさくっと読めました。

『李歐』や『聖なる黒夜』のねっとりとした濃厚さはありませんが、
つい妖怪たちの甘やかしぶりに笑みがこみ上げます。
メロンソーダのメロンの風味を味わうように
BL風味を味わう作品としてオススメです。

P.S.続き、買ってこようっと。
| [その他]BL以外の小説 | 23:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:21 | - | - |