-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『白昼堂々』/長野まゆみ(夏腐感想文) | main | 『夢を見るヒマもない』/山田ユギ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アンケート結果発表:勝手にBL大賞作家選考委員会
すみません、終了から長らくお待たせしてしまいましたが、
アンケート「勝手にBL大賞作家選考委員会」の結果を
集計し終えましたので、発表したします。

参加して頂いた皆様へのお礼は後ほど致しますので、それではスタート!

司会aya-me「それでは結果発表を致します!

『小説部門・BL大賞作家』は、全有効投票数 81票中 20票で……
ダラダラダラ……(ドラム音オン)



『小説部門・BL大賞作家』は……

木原音瀬さんです!

はい、勝手にトロフィーをプレゼントさせて頂きます。
私も木原音瀬は有力候補だろうなとは思っておりましたが、
ぶっちぎり1位でゴールインの大賞でした。
それではここで寄せられたコメントの一部を抜粋させて頂きます。

「普段自分でも気が付かないような深遠に切り込んでくる」
「萌える話は探せば他にもたくさんあるのだろうけど、
心に刺さるお話は木原さんしか書けないと思う」
「日常の一部が人の胸に響く」

そして複数の方から「BLだけどBL以上」という意見が多く寄せられました。
反面「BLの枠にはめられない・はめたくないので選ばない」という
コメントも頂きましたが…褒め言葉には変わりはないと思います。

『センチメンタルフレンド』『恋愛時間』(それぞれ2票)など
比較的痛くないタイプのものも人気がありましたが、
何と言ってもぶっちぎり受賞は『箱の中』『檻の外』(13票)。
泣いた、これ以外に無い、世界中の人に読んで欲しい…などの
熱烈な支持を受けました。今年発行と言うのも大きいとは
思いますが、私もこれは歴史に残る一冊だと思います。

惜しくも小説部門賞を逃した2位〜5位は下記の通りです。

2位:榎田尤利さん(10票):「どのお話もとても面白く買って失敗したと思う事がない」
 作品:魚住君シリーズ(5票)、永遠の昨日(2票) 他
3位:崎谷はるひさん(6票):「エロメルヘン、丁寧に描写された物語」
 作品:ミルククラウンシリーズ(2票)、ハチミツ浸透圧(2票) 他
4位:菅野彰さん(5票):「BLに挙げていいのかな、と思うくらい普通の良い小説」
 作品:毎日晴天!シリーズ(3票) 他
5位:英田サキさん(3票):「好みとしか言いようがありません」
 作品:エスシリーズ(2票) 他
同率:秋月こおさん(3票):「全体的にレベルが高い」
 作品:富士見シリーズ

すみません、あまりにも多すぎるのでそれ以下の作家の詳細は
割愛させてください…代わりに最後に一覧をつけてあります。

さて、続いて『漫画部門・BL大賞作家』の発表です。
『漫画部門・BL大賞作家』は全有効投票数 81票中 14票で……

山田ユギさんです!

はい、今度は盾をプレゼントいたします。
私の下馬評どおり…というか、皆様の下馬評どおりというか、
2位の2倍、票全体の15%強を占め、圧倒的な強さでした。
たくさんのコメントが寄せられておりますので、一部ご紹介します。

「この人の「普通の青年が普通に恋をする」と言う事が一番」
「マイゴッド。ギャグ×シリアス×エロ、この3拍子の絶妙なコンビネーション」
「リーマンものを描かせたらこの人より右に出る人はいない」
「理由なんてなし」

盲目的に愛してしまっている方が多いですね、とにかく。
そして最も愛されていた受賞作品は「最後のドアを閉めろ!」(5票)でした。
「開いてるドアから失礼しますよ」(3票)とあわせて、
本田3兄弟の人気たるや絶大にして不変(不偏?)ですね〜。

漫画部門賞の2位〜5位は下記の通りです。

2位:よしながふみさん(7票):「人と人との関わりが濃密で、かつさりげない描写」
 作品:西洋骨董洋菓子店(2票)、ジェラールとジャック(2票) 他
3位:今市子さん(5票):「BL以外の漫画もしっかり書ける」
 作品:楽園まであともうちょっと 他
4位:寿たらこさん(4票):「誰も考えつかなかったあのストーリーとそれを支える絵」
 作品:SEX PISTOLS(4票)
5位:新田祐克さん:「綺麗な姿、汚い姿から心情がとても深く心に突き刺さる」
 作品:春を抱いていた(3票)
同率:西田東さん:「ふつーっぽい男の子やおじさんだってのがまた良い」
 作品:願い叶えたまえ 他
同率:中村春菊さん:「語りつくせない程好きです」
 作品:純情ロマンチカ(3票)

(小説家同様、最後に一覧を添付しますのでこれ以降は割愛させて下さい)

…以上の結果になりましたが、皆様の意見を反映した
BL大賞作家はいかがでしたでしょうか?
私としては、かなり納得できる結果となったので大満足ですw

それもこれも投票してくださった皆様のおかげです。
1つ1つ読ませて頂いて、どれだけ皆様がその推す作品を
大切にしているかがとてもよく分かりました。

当初は自分の気になった作家をピックアップしようと思っていたのですが、
とても真摯な回答を目の前にして、私ごときが自分の好みで
どうこうして良いもんじゃないな、ということで中止しました。

また、こちらが身勝手に催しているアンケートなのに
激励や応援のメッセージも沢山頂き、重ね重ね、
投票してくださった皆様にお礼申し上げます。

お礼の言葉を持ちまして、発表を終わらせて頂きます。」

以上、パチパチ〜。で終わればよかったのですが。
何かをしたら、そこには必ず反省点があるわけで…(汗)

いくつかのコメントで「挿絵部門も欲しかった」とありまして、
確かにそうでしたね…BLならではの賞ですしね。
機会があれば(そして参加してくれそうだったら)やってみたいと思います。
あと「1人&1作品は辛い」との意見も…やっぱり?
その方が真剣に選べると言う意見も頂きましたので許してくださいw


本当に楽しんで集計することができ、貴重な体験でした。
アンケートに頂いた感想なども、大事に保存しておきますね!
皆様、本当にありがとうございました!

添付:小説家・漫画家 被投票数一覧
zenlist
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2006年 | 21:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:20 | - | - |