-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 腐男子と腐女子の比率を求めよ | main | 『白昼堂々』/長野まゆみ(夏腐感想文) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『昨日の敵は明日の恋人』/綺月陣(紺野けい子)
明日でアンケートが終わりです…
夏もアンケートもあっという間ですね。もののあはれ。

夏が終わるよりもっと悲しいことに紺野けい子さんの9月新刊が出ないそうで…
挿絵本を購入することで代償行為とすることにいたしました。
なんか間違っている気もするけれど、
そうでもしないと収まらなかったのです…。

綺月さんの作品は二面性がはっきりとしています。
エログロ系の痛い系か、能天気エロ系か。
(始末屋Jは中間に位置するかな?)
どちらにしろエロは濃い目ですけれどね。

で、この作品はプラチナ文庫だけあって後者の能天気系だったのですが…



昨日の敵は明日の恋人
昨日の敵は明日の恋人
綺月 陣著
プランタン出版 (2006.6)
[BK1][Amazon]

☆コメディが好きならオススメ!

☆あらすじ

駅近のショッピングモール「East-Q garden」のプランナーとして
働き、結果も残す若手の有望株江上一世(えがみ・いっせい)は、
ある日先輩の夏目にお見合いパーティーの代理出席を頼まれる。
女性を好きになれない一世は嫌々パーティーに行くが、
そこでひときわ目を惹くイケメン・タキと名乗る男と出会い、
言葉巧みなタキとともにパーティーを抜け出した。

タキも女性に興味がないと告げられ、語り合ううちに
その日のうちにベッドインしてしまうが、後悔は全く無い。
何もかも好み、相性抜群、相思相愛の運命の恋人…のはずが、
タキがいつも一世の上を行くプランを練り上げる
ライバルの西王堂百貨店プランナー石原隆之だと知り…

*   *   *   *   *   *

この作品のあらすじは関係性が書きやすかったです…。
変な例えですが、喜劇版ロミオとジュリエットです。
出会いからして仮面舞踏会=お見合いパーティーですしw

喜劇になったのは一世の性格によるものでしょう。
一世がタキをモン…ではなくて西王堂のプランナーと知って
「ああタキ様なぜあなたはタキ様…」と嘆くのではなく
「騙したな!」と憤慨して確かめに西王堂に乗り込み、
しかも喧嘩を売るようなマネをするんです。…喜劇ですねw

お互いの気が合いすぎる2人は、喧嘩のときもお互いに
火に油を注ぐように、盛んに燃え上がるように喧嘩をします。
西王堂で口げんか、昨日のホテルで決着をつける!となり、
ホテルでまた文句を言いながらなぜかHになだれこみ、
かと思えばライバル同士としての罵倒になり……

多分、本人達は深刻なんでしょうが、傍観している側には
喧嘩も互いを確かめ合っているようにしか見えませんw
互いのテンション・思考が同じな2人にとっては通過儀礼なのでしょう。

読んでいて、そうそう、と頷いたことなんですけれども、
笑いのツボや食べ物の好みが似てるという事は結構大切だと思います。
TVを見ていて自分が笑っているときに相手も笑っている、
自分が美味しいと思ったものを相手も美味しいと思う。
顔の好みやセックスの相性も大切ですが、生活をするなら
そんなとこも似ているとラクチンですよね…。

相性ぴったりなパートナーを見つけられた2人を祝福するとともに、
「喧嘩もHのスパイスカップル」と名づけさせていただきます。

紺野けい子さんの挿絵も良かった…
特に、ベッドシーン前の一世が全裸でベッドで横たわり、
その上にタキがシャツを脱ぎながら跨っているイラストが
最中(モナカじゃないよ)のよりエロティック!

イラストも、お話も楽しく読めて満足でした。

P.S.
お見合いパーティーでイケメン2人に逃げられる女性陣…
人ごとながら気の毒ですね…。
| [BL・小説]綺月陣 | 21:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - |