-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 妄想と仕事との間には雑記 | main | 『ギャルソンの躾け方』/榎田尤利(宮本佳野) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『大人の問題』/今市子
世間にあまねく今市子ファンの方へ。
絵が苦手だとか、躊躇しちゃうとか言ってた私が大変間違っておりました。

人生の愉しみをひとつ損するところでした、
今市子さんをオススメしてくださった方々に感謝、
かつ土下座して頭地面に突き刺してマントルを突き破って
お詫びを申し上げたい気分(あくまで気分)でござりまする。

大変面白うございました!ので今さらながらご紹介です。



大人の問題
大人の問題
今 市子
芳文社 (2005.10)
[BK1][Amazon]
*リンクは文庫版ですが、私が読んだのはB6版です。
文庫版は書き下ろしつきらしいんだよな、欲しい…。

☆オススメ!!!

☆あらすじ

原嶋直人の両親は、15年前に離婚をした。
理由は父がゲイだから。それってどういうこと?と思いつつ、
以来15年、他人には言えない事情を抱えながら母と2人で
とりあえずは平凡に生きてきた。はずだったが、
今度はなんと父が再婚(勿論男との)宣言をしてしまう。
ゲイとは言えやはり父は父、直人はその相手を偵察しに行くのだが…

*   *   *   *   *   *

実は父親がゲイだった。なんて、突拍子もないような
話に思えるけど、ちょっと上の年代になれば、時代柄
表には出ないけれどあるんでしょうね。
つまり、どっちかというとゲイものな話題。

けれど、ゲイが書く家族ものってリアリティがありすぎて
問題を真剣に直視するから、楽しくは読めない点があります。
そんなテーマを、皮肉るでもなく、揶揄するのでもなく、
品よくユーモアにのせて料理しています。

何と言っても違いは視点。ゲイの書くものは、ゲイが主役、
当然ゲイのカップルが中心の目線になります。
けれどこの作品はメインの視点がゲイの父の息子、時に元妻、
彼氏の家族…、と取り巻く人々のほうが中心にされているんです。

なんていえばいいんだろう、石があったとして、
石そのものを見るのではなく、石を水に投げ入れて、
その波紋を見るような…BLと定義してよいものか迷う作品です。

が、しかし。人間の思考、キャラクタがとても魅力的!
とってつけたような浅い思考ではなく、性格付けが自然で
かつ人間の多様性がうまく描かれている。
さすが人気のある作家だなと思いました。

そうそう、アンケートの集計をして再認させられた事があります。
それは、BLだけれどボーイズのラブにとどまらない、
木原音瀬さんしかり、山田ユギさんしかり、
萌えだツボだを考えなくても、人物がその作家の目線で
捉えられている作家が人気があると言うことです。

今市子さんも紛れもなくその類の作家なのだな、と
一冊読んだだけですが分かったような気がします。

絵がなぜか苦手だったのですけれど、その心情とマッチした
表情の表し方にスッと入れました。
こういう趣味の広がりって、読書の醍醐味ですよね。

私は結婚しないでしょうし、子供なんてなおさらですけれど、
やっぱり家族っていいものかもな〜としみじみ。

どちらかというと作家についての感想になってしまいましたが、
キャラの魅力や物語の展開は、読んで確かめて下さい〜。
(これって本の感想といえるのだろうか…)
諸手を挙げてオススメです。
| [BL・コミック]今市子 | 23:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - |