-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『昨日の敵は明日の恋人』/綺月陣(紺野けい子) | main | アンケート結果発表:勝手にBL大賞作家選考委員会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『白昼堂々』/長野まゆみ(夏腐感想文)
ぎりぎりでルチルの全サ、出せました。
間に合うよね、今日の消印有効だから・・。

ギリギリと言えば、この夏腐感想文もです。

実は『友情』よりも早くに読み終わったんですよね。
けれど最後になってしまいました。
なぜなら白昼堂々は続き物だったんですよ…
『しゃばけ』とは違いこれは一冊読んで書けるものでは
なかったので最後まで読まねばなりませんでした。
(1冊1冊は薄いですが)

夏の締めくくり、感想文は以下です。



白昼堂々
白昼堂々
長野 まゆみ著
集英社 (2001.11)
[BK1][Amazon]
続きは[碧空][彼等][若葉のころ]です

☆じれったくも美しい情景を楽しみましょう

☆あらすじ

由緒ある華道家元の跡継ぎである原岡凛一(はるおか・りんいち)は、
酷く体が病弱で体調不良で試験の日も休んでしまうほど。
その試験を替え玉で受けてくれた従姉・省子に借りを返すため、
今度は省子の替わりにある公園へ待ち合わせをすることに。
そこで省子の男友達だったアメフト部のエースである
氷川享介(ひかわ・きょうすけ)と出逢う。
省子と氷川がどのような関係かも知らず、黙って氷川について
同じボートに乗った凛一は省子と間違えられたままキスをされてしまう…

*   *   *   *   *   *

茶道の家元の跡継ぎ、男女のいれかわりと言う出だしで、
「え、女っぽい子の受け?苦手」とは思わないで下さい。
(私もそうだったんですがw)

凛一はウジウジですが確りと男性です。
世捨てた大人のように見えて結構現実的で強かです。

ただ、たびたび死を間近に見てきたから生に対してなげやりで、
反面、両親を早くになくしていることから、大事なものを失うのがこわい、
そして男に惹かれるという性癖が異常である事を知っているため、
本命に対しては非常に臆病と言う厄介な性格なのです。
ウジウジっぷりと暗に隠された危うい魅力のバランスが
これまたきわどい、触れたら壊れそうな男です。

そのアンバランスさは、行動として、叔父やいとこを
無自覚(たまに自覚あり)に誘惑しようとする奔放さと、
本命に対してはちょっとしたことで別れる、ことで発露します。
とくに後者の氷川に対しては愚鈍なくらい崩れて痛々しいです。

氷川は氷川で若く生命力にあふれた、そして実直な青年。
ちょっとはゆがんではいますが、まあ、まっとうな男なので、
凛一の気持ち・考え方なんてわかりゃしません。

なのでお互いにお互いの気持ちが通じていても、
どうして日向を歩くような男の氷川が自分を…とネガティブな凛一、
どうして自分を好きなくせに引いてゆくのか理解できず怒る氷川。
衝突が怒ってしまうのもいたしかたありません。


1〜4巻の間、仲が良くなったかと思えばちょっとしたことで離れ、
神経をすり減らし、出会いから幾度も別れの危機を越えて、
最後に残る気持ちとは何なのか…という、
5年以上にわたるもやもやとした恋のお話でした。

(読んだ方にだけこっそりと)
結局、結論はそこに行き着くんですね…
でも、そういうものですよね、きっと。


長野さん自体読むのははじめてだったのですが、独特ですね。
すごく色の使い方…あ、作品の中に植物が多用されており、
全部調べたわけではないですが、それを頭に入れておくと、
すごく色彩的に彼らと周りの情景が浮かびます。

辞書をひきひき読書、もたまにはよいものです。
(だからよけいに時間かかったんですけど…)

言葉も「そうぢゃないか」など、レトロさが作品の雰囲気と
マッチして面白いです…70年代を舞台にしてぴったりですね。
今の時代の話だったらちょっとこんな子いないよ!と突っ込んで
しまうけれど、この時代なら許せると思います。


BLではなかなかない、「くっつくか離れるか」の
本気でもやもや〜を楽しみたいときはこれで決まりです!
| [その他]BL以外の小説 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |