-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アンケート結果発表:勝手にBL大賞作家選考委員会 | main | 妄想と仕事との間には雑記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夢を見るヒマもない』/山田ユギ
昨日見事「勝手にBL大賞」に輝いた、
山田ユギさん待望の新刊です。幸せ也。

シャレードからのコミックですが、シャレードは小説の
イメージが強く、コミックはあんまり見たこと無いような。
気になってちょいとホームページを徘徊して検索したら、
2004〜2005年の間は一冊も出ていないことが判明しましたw
そりゃあ見ないはずですね…。
なんにせよユギさんならなんだっていいんですけどー!

ではでは、ユギさんファンの偏った感想は、以下です。




夢を見るヒマもない
山田 ユギ著
二見書房 (2006.9)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
川村和也
(かわむら・かずや)は飛行機好きで小学生の時から夢はパイロット。
その夢を叶えるべく全寮制の航空専門学校に入学する。
そこで同室となった吉武は愛想のない男で付き合いにくかったが、
少しずつうち解けてゆくうちにそんな吉武に対して
自分でもよく分からない感情が芽生える。

しかしある日、吉武の父親が飛行機の事故で亡くなった時、
吉武が同じ寮の2つ上の先輩森下の部屋に居た事で
吉武と森下の関係、そして自分の気持ちに川村は気付いてしまう。

その後、葬儀を終えた吉武は学校に戻ることなく退学してしまった。

それから8年後、川村は航大に進めず、普通の大学に進んで
今は航空貨物会社でロードコントローラをしているのだが、
職場の同僚に連れいていかれた飲み会で吉武と再会する…

*   *   *   *   *   *

読んでいたら調べたいことがわんさかと出てしまい
かなり時間が経ってしまいました。

というのもユギさんの作品の中でもかなり仕事よりで、
カップルの職が航空貨物会社の貨物搭載×ロードコントローラという
聞いたこともない特殊な職業に、俄然好奇心がうずきました。
(航空の仕事と言えばパイロット系しか知らなかった)

で、ロードコントローラはこんな仕事でした。→JALのページ
ユギさんの作品を読めば分かることですけどね、
こんな仕事が陰に隠れていたとは知りませんでした。

搭載は、ロードコントローラの指示に従って荷を積む仕事。
つまり、ガテン!しかもツナギですよツナギ、
ツナギについて語らせたら1時間でも喋る私にとっては激萌え。

ま、そんな職の2人なのですが…なんちゃってリーマンが
多い中、やっぱりユギさんのリーマンは最高です!
地に足が着いて仕事してる気がすごくします。
安易にパイロットでなく、裏方さんの仕事ってのがさらに良い。
取材とかしっかりしてるんだろうなぁ…と思っていたら、
表紙カバー外した所にそう書いてありましたw

また、ちょっと特殊なのは「夢が叶わなかった物語」という点。
川村は前半は高校生で、パイロットになる夢を持っているのに対し、
後半は違う職につき、夢が叶わなかった後の人生を歩んでいます。
パイロットの航空大学って日本に1つしかないようだし、
そこを卒業してもなれないこともあるらしいし…
挫折してしまっても仕方ないですよね。

でもこういうお話好きです。だって、世の中どんなに
努力しても叶わない方が多いもの…(特に身体的なもの)。

それでも夢を追いかけるか悩みながらも、今している仕事に
やりがいを見出せるのも、とても素敵なことじゃないですか?
夢が叶わなかったから負け、では無いということですよね。
素敵だ。

いかん、BLなのに引きずられて仕事についてばかり感想を書いてしまったw

カップルについても、勿論いいですw
むっつりで感情が分かりにくい吉武ですが、
実は離れている間から川村のことを思い出したり、
川村がいると知っていてこの会社に入ったり…絶妙なツボ刺激。
川村は単純で素直で可愛くて、でも男前で、言うことなーし!
2人が飛行場デートをするシーンの、ジャンボ機が飛び立つ眼前で
手をつなぎながらキスをしている絵は…最高。一生の宝物です。

ほんと理由抜きで良いです、ユギさんは。

番外編・「服を着るヒマもない」
吉武と付き合っていた先輩・森下(受)と、その同級生吉田(攻)のお話。
この攻めはユギさんじゃなきゃ受け入れられない容貌ですw
表紙をはずすと…!シャレード(と担当さん)、おそるべし。


言わずもがなですがオススメです、航空業界リーマンをご覧あれ!
| [BL・コミック]山田ユギ | 21:18 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:18 | - | - |