-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『大人の問題』/今市子 | main | 『カラメル屈折率』/崎谷はるひ(ねこ田米蔵) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ギャルソンの躾け方』/榎田尤利(宮本佳野)
マウスが壊れてすごく使いづらいです…。

さて、今日という今日は言いたいことがあります。
なんだ、このあらすじの締めの2文は!

「…お仕置きは愛の証ラブ センシティブLOVE。」

榎田尤利さんの小説を変に紹介したいとしか思えません。

なんちゃらLOVE、という言葉があらすじに書いて無いとイヤ、
なんていう読者はほぼいないと思うのです。(いたらごめんなさい)
スペースも入れて22文字もそんな無駄に使うなら、
少し核心に迫っても良いんじゃ…個人的な意見ですが。

榎田尤利さんの小説には関係ない話なので、さっさか感想へ行きましょう。

ギャルソンの躾け方
榎田 尤利著
徳間書店 (2006.8)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
篠宮漣
(しのみや・れん)は、大財閥グループの跡取りだが、
全てを投げ出してカフェ経営を始めた。
しかしそこに現れた若者に「コーヒーがまずい」と言われてしまう。
昔からのお付き・有藤の調査の結果、彼は同じ商店街内の
『石花珈琲店』の店主、石花水樹(いしげ・みずき)だった。

…実は篠宮は昔に石花珈琲店に入ったことがある。
その頃は清潔な佇まいだった店は今はひどく薄汚れていた。
なぜなら、水樹は店主のくせになぜか店を潰したがっていたからだった…

*   *   *   *   *   *

読後にすぐ私がしたかったこと。それは、美味しい珈琲が飲むこと!w

榎田さんの作品によく現れる(夜には大敵)、美味しそうな食べ物…
そして水樹がネルドリップで淹れた極上の珈琲と昔ながらの喫茶店…
珈琲好きなら分かる、いてもたってもいられなくなるこの魅力。
スタバとかじゃなくて、1杯600円もする美味しい珈琲を
BLでも読みながらゆるりと味わいたい!となること間違いなしです。

…あいかわらずBLっぽい感想にならない私の感想。

物語の主題は、何かに囚われつづけてねじくれてしまった受けが
実はそれが誤解だったと気づき、少しずつ頑なさが消えていくお話。
この辺は、『誓いは小さく囁くように』と近いかな?

ただ、受けがあまり最初のうちは可愛くないことと、
それに攻めが、「美しくて負けん気が強くて命令が嫌いで
でもどこかでそれを望んでいることを知らない」タイプが好きなせいで、
躾の趣も十分に存分にあるのが違う点ですかね。

『興奮と沈静の両効果を併せ持つ』(本分抜粋) 珈琲に似て、
落ち着いた普段の表情と、サディスティックな夜の顔を持つ篠宮は
ある意味この喫茶店物語にふさわしいといえる存在でしょう。
(個人的にはもっと下品な方が好きなんだけど…っと、
そんな事はどうでもいいことですね)


また、キャラ文庫なので舞台はおなじみ藤井沢商店街。
『歯科医の憂鬱』に登場した要先生と三和先生が
書き下ろし分でちゃっかりと登場していますので、
そちらを既に読まれた方には少しおまけの楽しみがありました。

水樹の入れる極上の珈琲を想像しつつ、
サディスト篠宮の言葉攻めを楽しみましょう。
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |