-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ギャルソンの躾け方』/榎田尤利(宮本佳野) | main | 32850ぶんの1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『カラメル屈折率』/崎谷はるひ(ねこ田米蔵)
カラメルソースはお好きですか?
私はアレが大好きなので、一人暮らしをしていた頃は
よく作って市販のプリンやらパンナコッタやらに
大増量してかけて食べていました。

良く考えたら砂糖しか入っていないんだから、
砂糖水をかけているようなものなのですが…
あの煮詰めた苦甘さにとりつかれていたとしか思えません。

そのとりつかれていた私が言うのだから間違いない、
この作品はカラメルの苦甘さです!!
どんなところが、というのは以下ネタバレでお送りします。



カラメル屈折率
カラメル屈折率
崎谷 はるひ
角川書店 (2006.9)
[BK1][Amazon]

今時の高校生宇佐見葉(うさみ・よう)とパーフェクトな矢野智彦(やの・ともひこ)が
恋人同士となってから、半年が経った。(前作「ハチミツ浸透圧」の感想は[こちら])
ふたりは高三になり進路決定の時期を迎える。
全国の剣道強豪大学から引く手あまたの矢野に対し、
宇佐見は平々凡々な自分を置き去りにして遠くの学校に
行ってしまうのではないかと、不安を募らせる。

そしてついに勇気を出して尋ねてみても、言葉を濁して
「宇佐見が怒るかもしれないから」と答えてくれない矢野に、
宇佐見は勢いで思ってもいないのに「別れる!」と叫んでしまう…

*   *   *   *   *   *

わー、イヤですね、進路です、進路。
でも大人になるともっと真剣に人生の進路選びが増えて、大学受験なんて
大したことのないような気がしてしまうのです…喉元過ぎればなんとやら。

そんなんで、私にとっては宇佐見の抱えている悩みなんて
大したこと無いように思えるのですが、同年代の人には
きっとリアリティのある大きな悩みなのでしょう。
ここまでが口に入った瞬間のカラメルの苦味ですね。

題材は学園ものの王道といえば王道なのですが、ここからが
メルヘンエロスの第一人者こと崎谷先生(褒めてます)は違います。

仲たがいする理由がむっつり大魔王な矢野がもっている
『大学に入ったら同棲(Hし放題)したいという願望』
誤解の軸にすえてくるのですからね…!普通だったらなんだそりゃ、
と突っ込んでしまうところなのですが、性欲大魔神の矢野の
Hに対する真剣かつ真面目さがひしひしと伝わる描写はさすがです。

また、仲直りさせるのに一役買った宇佐見の親友・ゆりちゃんの
恋愛話などなど…これは崎谷さんでなければ書けないでしょう。

で、崎谷節炸裂と言えば喋りながらHするベッドシーン。
まあ、ラブラブ度が凄いだけに比例しているのでしょうが…
キスから始まるとして、「まだ続く」でとりあえず終わる
その長さはなんと今まで読んだ中で最長の70ページ…長っ!濃っ!!

このどピンクでねっとりとした甘さはまさにカラメルの甘味です。

それもこれも、前夜もやったのに朝からムラムラで寝込みを襲う体力と、
縛り付けない姿勢をみせておいて、実は嫉妬しまくりのその独占欲を
持ち合わせている矢野のねちっこさによるのですけれど。

普段は品行方正で真面目でクールなくせに、この夜の顔の違い…
矢野は崎谷作品の中でもかなり危ないキャラだと思っています。
矢野をそうさせている宇佐見が一番危ないのかもしれませんが。


甘ったるいラブラブで終わり、期待通りで満足でした。
カップルが好きになれないと厳しいかもしれませんが…
個人的には楽しめたので、目で味わうカラメルの世界を
味わいたい方には前作とあわせてオススメします〜。

P.S.
次回作は作中に出てきた別の人たちらしいですが…
これを人呼んで「ブルーサウンド戦法」といふ。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 22:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |