-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『くちびるに銀の弾丸』『くるぶしに秘密の鎖』/秀香穂里(祭河ななを) | main | 『高校教師、なんですが。』/菅野彰(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『あしながおじさんたちの行方』/今市子
ふう…ここのところ、スパムTBが増えて困っています。
強力なジュゲムのスパムブロッカーをも乗り越えてくるとは
敵もさるもの、と褒める気はさらさらなく、迷惑千万。
ブロッカーで皆様には見えないようになっているのが
救いですが…いたちごっこですねぇ。
ま、めげずにゆるりと更新してゆきます。

あとですね、今週〜来週ぐらいにかけてリンクの整理をしたいので、
リンクをして頂いたところに相互でさせてもらったり、
逆に更新されていないところを一旦はずしたりするかもしれません。
どうぞよろしくお願いします。

ブログの報告はこの辺にしておいて、今日の感想は今度書くかも、
と言っていたもっか集め中の今市子さんの本です〜。


あしながおじさん達の行方
あしながおじさんたちの行方
今 市子著芳文社 (2005.12)
[BK1][Amazon]

☆オススメ!!!

☆あらすじ

春日
は幼い時に預けられた施設で15歳の今まで育った。
そして中学を卒業すると同時に施設を出、これまでに匿名で
金銭的な支援や手紙をくれていたあしながおじさんを探し始めることにした。
しかし、春日にわかったのはあしながおじさんは1人ではなく、
5人が1人のあしながおじさんとして支援してくれていたのだった。

そのうちの1人目・夏海に行き着き、夏海を好きな同い年の恭兵とともに
3人で同居しながら他の4人のおじさんたちを探すことに…

*   *   *   *   *   *

これまたBLと定義してよいのかしらん、と迷う作品。
アンケートでも同様の意見が寄せられてましたが、うん、納得。

でも面白いですね、とても。
ゲイだとかBLだとか、そういう枠を超えて面白いです。

あしながおじさんを探す、という主軸のストーリーも、
主人公の春日との繋がり・またおじさん同士のつながり、と
いうように次々と謎が現れては消えてまた新たな疑問を生み…
その伏線の数が多くて、そこらの推理物より楽しめました。
人が無駄に死なないしね…。

恋愛という点では熱量が低いですが、まあ、そこは低くても
問題にならないくらい面白いので私は構いませんでした。

その分、描かれる人間模様はドラマチック(人間的という意味で)。
前回も書きました気がしますが、人間の思考・感情に多面的ながらも
流れるような滑らかさがあってとても読みやすく、
かつ愛着がわいてしまいます。恭兵がかわいい…w

また、家族の形態というテーマにも触れており、
その中ではなかなか暗いテーマも含んでいます。
が、端々に挿入されるユーモア・おかしみによって
軽減され、またそのコントラストがかえって
説教臭くなくて、じわりと心に響きます。

家族って血のつながりだけでなく、家族と呼べる存在に値するものなんだよね…。

おお、「なんかわかんないけど面白い!」という感想を
なんとかここまで書くことができました。
どこがいい、ここがいい、と書くこともできるのですが、
それをはじめてしまったらきりがなくなりそうなので止めますw


今市子さんがBLを考えなくても楽しめるというのが、
この作品でさらに判った気がします。
激しくオススメですよ!

P.S.今市子さんを読んで本当に良かったわ…。
| [BL・コミック]今市子 | 23:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:07 | - | - |