-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 計27冊 | main | 『妄想炸裂』/みうらしをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スイート2・バケーション』/うえだ真由(金ひかる)
本日2発目の記事は、久方ぶりのうえだ真由さんです。
『8年目の約束』(記事にとびます)を読んでからというもの、
たまに古本で購入しては読んでいます。

今日購入した本の感想じゃないの?と言う突っ込みは
ごもっともなのですが、感想を書きたい本も
積読と同じように積もってしまっているので…。
読みおわってからすぐに書けるといいとは思うのですが、
なぜか書けないときがあるものだから困りものです。

…相応しい時に寝かせておいた、とプラスに考えるとして、
今日のネタバレ感想・ダイバー×小説家のお話に参ります。

スイート2・バケーション
スイート2・バケーション
うえだ 真由著新書館 (2006.4)
[BK1][Amazon]

☆オススメ!

☆あらすじ

ダイバーの江坂喬一(えさか・きょういち)は、勤めていた会社が倒産したため、
大学時代からの友人で編集者の喜田川の紹介で売れっ子小説家である
朱野ひかり[本名藍沢光輝(あいざわ・みつき)]の「家政夫」をする事に。
オレ様なのに外では猫かぶり名光輝の二重人格的な性格に
はじめのうちは喬一は戸惑うが、その飾らない本性に喬一は、
いつのまにか光輝に恋をしてしまっていた。

しかしある日、光輝の伯父と名乗る人物を追い返した光輝。
光輝には過去に何らかの苦い思い出があるようで、
その思い出を消したいかのようにがむしゃらに仕事をいれまくる…

*   *   *   *   *   *

結論から言えば、羨ましい!

といっても全部が全部、羨ましいわけではありません。
前編の「スイート2・バケーション」は羨ましくないんです。
人気作家だった光輝があることで傷つき、原稿を落とし、
自分を閉ざし、ドヘタレな喬一とすれ違ってしまう…
この辺はうえださんらしい切なさで、
私も普通に物語を楽しんで読んでいたのですが。

前編のラストから後編が羨ましすぎる〜!
前編のラストにちょっと壊れかけちゃった光輝は喬一とともに
ダイビングをすることで癒され、恋愛関係に発展するのですが、

そのあと、2人して沖縄に移住するんですよ!

売れっ子作家で仕事と金もある、環境は良い、
しかも東京だとドヘタレでしょぼかった(ひど…)喬一が
魅力溢れたいい男になり、自分のそばにいてくれる。
う…うらやましいと言わずして何と言おう。

というのも、私の理想に近いのです(作家は除く)。
「海に近い家、金、基本は体育会系だけど自分にはヘタレな男」
これが私の三種の神器ならぬ三つの理想なのです。

攻めの喬一には東京では大して惹かれなかったのですが、
沖縄に移住してからは分別があって大人なくせに、
海のことになると夢中な少年のようで、もう萌えですよ。
くぅ、どうして私はそういうキャラに弱いんだ…。

だからちょっと光輝には羨望を感じていたり。
後編で喬一が激怒しているシーンを見ても、
「喬一、そんなに怒るなんて酷い!」と普通の人が持つだろう感想が、
「メチャクチャ愛されちゃってるからじゃん、ちぇっ」という
僻みになってしまい…しかもそれが当たってるから余計にひがむw

BLを読んで羨ましい、ひがむなんて感情はめったに
抱かないのですが、うーん、理想だからでしょうか。

うえださんの作品は切なさと甘めが良い勝負な作品が
多いのですが、この作品はタイトルどおりに甘めで、
程度は羨むくらいに甘めだと思って頂ければ結構ですw

うえださんの作品で甘めを読みたい方にオススメ!です。
| [BL・小説]うえだ真由 | 21:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |