-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 箱の中、檻の外の小冊子「すすきのはら」 | main | 10月新刊購入予定リストと購入日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『月の秘密』シリーズ/剛しいら(華門、巴里<文庫版>)
人それぞれでしょうが、「ダリア」っていまいち
知名度が低いレーベルだと私は思っています。

例えば、「〜文庫で何が良い?」と聞かれたとき、
私の御三家文庫であるキャラ・シャレード・ディアプラスだったら
「B&L!」「許可証!」「おおいぬ荘!」等と即座に回答できますし、
その他の文庫でも答えられる自信(持つなよ)はあるのですが、
ダリアは「〜かなぁ…?」と疑問符付きになってしまいます。

そんな中、ダリアで久しぶりにヒットが出ましたのでご紹介。
狼男×中途半端な吸血鬼です。



月の秘密
月の秘密
剛 しいら著 ムービック (2002.11)
[BK1][Amazon]
(BK1のリンクはノベルスです。こっちのイラストの方が好きなので…)

☆オススメ!

☆あらすじ

吸血鬼であることを隠し、都会の闇に生きている巴堯弘(ともえ・たかひろ)は
ある晩、街でからまれていた山神太地(やまがみ・たいち)を助けた。

とても純粋、けれど野性的な太地に惹かれた堯弘は、一夜限り、
一瞬の夢のつもりで身体を重ねるが、一晩を過ごしただけで
もっと太地にそばにいて欲しくなってしまった。

だが、所詮吸血鬼と人間、人として付き合うこともできないと
考えていたのに、夜空に月が輝いた途端、普段は温和な太地は
性格も言葉遣いも態度も全く変わり、まるで狼のように
獣性をあらわにし始めた…

*   *   *   *   *   *

闇に隠れて生きるというと…べの付く三人衆がいましたね。
彼らと同じく、堯弘は吸血鬼で、いわゆる妖怪です。

吸血鬼のBLにおける吸血鬼は、「王子様的身分の完璧なキャラ」が
多いと思うのですが、しかし、堯弘は完全な吸血鬼ではなく、
人間から吸血鬼になったハンパ者なのです。

死のうと思わない限り死なないのは吸血鬼そのものだけれど、
吸血鬼的性格(血を吸う、吸血鬼の仲間にする)意欲が全くない。
このオリジナリティな設定がさすが剛しいらさんだなぁ、と思います。

というのも、「自分だけが生き残る孤独」がよく人外ものでは
焦点になるのですが、生まれたときから吸血鬼なキャラが言うのと、
元人間が言うのでは、リアリティが違うんですよね。

普通の人間だったのに光のあたる昼間は起きられず、
食事の楽しみもなく、性欲もない。
そして生き続けるだけの孤独…
もともと吸血鬼ならまだしも、途中からなったとしたら
耐えられないだろうな、と人間の私は思ってしまいます。

まあ、そんな悲しい状況の中で生き続ける堯弘ですので、
太地という伴侶ができたことをとても喜べました。
太地も狼男で長生きする種族なので長く一緒にいられそうですし、
愛する人の寿命にあわせて一緒に死ねる、と考えれば
自分で死を選べるってのも悪くないと思えますね…。

ううーん、BLで人生の終わり方について
考えさせられるとは思ってもみませんでした。
全然BLの感想っぽくないな、ほんとに…。

他の2作も読みましたが、この1作目が一番良かったです。
同じカップリングではありませんので、どれからでも読めますが、
トライされるならば、この「月の秘密」からがオススメです。
狼男だからHも狼ですしね…w

P.S.ちなみに2巻目以降は文庫でしか出てないようです…。
参考リンク:夜の秘密星の秘密
| [BL・小説]剛しいら | 23:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |