-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リンク追加と検索ワード | main | BLに求めているもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『b-BOY Phenix 2 不細工特集』/アンソロジー
BL小説の感想が多いので、小説を優先して読んでいるのと
思われるかもしれませんが、むしろ実際には
買ってくるとすぐに手をつけるのはコミックです。

コミックってさっと読めるから先に手が出てしまうんですよね。
逆に、通勤途中などは時間がかかる小説を優先して持ち歩きます。
それに個人的な感覚ですが、コミックを出先で読みふけるのは
何となく恥ずかしく…小説ならそんなこと思わないのですが。
(あと、コミックだと沢山持ち歩かなきゃいけないですしね)

てなわけで、昨日買った、BL史上ありえない
『不細工特集』を早速読みましたのでご紹介。



b‐BOY Phoenix 2
b-BOY Phenix 2 不細工特集
アンソロジー/コミック:日高ショーコ、志水ゆき、草間さかえ、
       国枝彩香、テクノサマタ、横井里奈、田中鈴木
小説:木原音瀬(ヤマシタトモコ) エッセイ:門地かおり、桑原水奈
リブレ出版 (2006.9)
[BK1][Amazon]

不細工特集、と言うのもアンソロ史上初ですが、
この豪華な作家陣にも目を見張るものがあります。
以下、掲載順にちょこちょこっと感想つきでご紹介です。

初恋のひと/日高ショーコ お気に入り!
あらすじ
野球部でよくいじめられた藤原と、それをよく助けてくれた唐橋。
細い目、にきび、ごつい顔だった唐橋だが、藤原は全部好きだった。
しかし、藤原は中学3年で引っ越すことになり、恋心は破れる。
それから10年、あるきっかけから再会した唐橋は
すっかりかっこよくなってしまっていた…

日高ショーコさんという方、初めて読んだのですが、良いですね!
主人公藤原が昔の唐橋の顔が好きで、今の顔に違和感を持つのが
いかにも不細工特集でよかったです。
不細工になって幻滅どころか、かっこよくなって幻滅したあとに
大切なのは心なんだ…と気づくって、面白くありませんか?w
絵もすっきりしていて結構好み。来月に新刊が出るそうなので
買ってみようかと思います。リブレの戦略にまんまと乗る私。

まつごのゆめ/志水ゆき お気に入り!
予知夢能力をもつ主君の息子と、側仕えの武士のお話。
さすが志水ゆきさん、泣けるよ、悲恋だよ…。
シリーズがお得意ですが、単発もお上手ですなぁ。

されど美しき日々/草間さかえ お気に入り!
あらすじ
小学生の頃、ねずみっぽい顔を理由にいじめられてた山口と、
唯一友達になって助けてくれていた委員長。
しかし、委員長は中学に上がるときに引っ越してしまう。
卑屈なまま高校生になった山口の前に、委員長が戻ってきたが、
なんと彼は記憶喪失になってしまっていた…

委員長、頭が良いだけに何気にどす黒いな…子供って残酷ですよね。
ありがちな記憶喪失ですが、罪悪感の重ね方がとっても巧い。
1P目のこのコマがここにかかってくるとは…!尊敬です。
あと、不細工な方と思われる山口君、
個人的にはとっても可愛いと思うのですがw

年上の恋人/木原音瀬
えーと…あらすじにしづらい。とにかく不器用な2人です。
木原音瀬さんにしては甘めかな?痛くないし、死なないし(凄い基準)。
でも、読後感はやっぱり木原音瀬さん、残ります…。

めぐり逢い…COSMO/国枝彩香
不細工×美形。それにつきる。ある意味、これが正しいテーマか。
とにかくインパクトは1番。ただし、夢に出てきたらうなされそうな。

フラクタル/テクノサマタ
寮で同室同士のふたりのお話。ラブなのか、友情なのか、
わからないけれど…不思議なカンケイでした。
表情の底に潜んでいる真意を汲み取れません

やめてよして囁かないで/横井里奈
特に惹かれるところがなかったので感想なし。

アイツの大本命/田中鈴木
あらすじ
釣り目、チビ、サルな吉田と、吉田をダシにして女子からの
お誘いを断りまくるもてもての佐藤。仲がよいわけでもないのに
佐藤が自分をダシにするのかがわからない吉田は問いただすが…

本命には意地悪しちゃう男の子っていますよねぇwって話です。
これで全てお分かりかと。でも、ほんと美人だと
得してる気がするのは不細工の僻みなんでしょうか…

最初の三つが光ってたかなぁ…国枝さんは別の意味で追随を赦しません。
不細工特集、アンソロとしてはかなり楽しめました!オススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:04 | - | - |