-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLに求めているもの | main | 『ベビー・エンジェル』/綺月陣(みなみ恵夢) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ショーが跳ねたら逢いましょう』/えすとえむ
残業するとリズムが崩れて眠くならないんですね。納得。

さて、この作品の東京漫画社、ブランドはマーブルコミックス。
規模は小さいですが、印象に残るコミックスを出版しています。

最初のうちはアンソロ本が多かったものの
『ラ・ヴィ・アン・ローズ』ヤマダサクラコさん、
『はつこいの死霊』草間さかえさん(どっちもオススメ)、
カタログシリーズ(最近はテーマが没個性ですが)など、
個性的な作家・テーマを打ち出していて、良い感じです。

そして、この作品もその通り、個性的豊かで面白かったです!
ので以下、ご紹介。




ショーが跳ねたら逢いましょう
えすとえむ著東京漫画社 (2006.9)
[BK1][Amazon]

*   *   *   *   *   *

表紙をご覧になればお分かりの通り、
basso さん系のアーティスティックで濃い絵です。
しかし、お話はむしろ情緒的で、余韻を楽しむ作品でした。
短編集なので、少しずつストーリーと感想をば。

「カーテンコール」・「ショーが跳ねたら逢いましょう」
あらすじ
天才的なダンサーのテオは、自分のダンスのきっかけでもあり、
そのためでもあったダンサーだった母の死によって踊れなくなってしまう。
逃げてきたハリウッドで人気俳優のダレンと共演するが、
遊びでしたキスがきっかけとなり…。

俳優×バレエダンサー。ダンサーの肉体って人間の中で一番美しいと
思うのですが、その筋肉の滑らかさ・美しさがしっかりと表現されていて
それにまずひきつけられました。
お話も「カーテンコール」までは、「ん?そこまで?」だったのですが、
「ショーが〜」で、一気にお気に入り度急上昇。
カルメンを送り出すホセがかっこいいな、くそう。
表紙がラストを暗示している点も、実に上手いです。
☆お気に入りなカット
一夜を過ごす前はなかったのに、過ごした後のダレンのあごに、
無精ヒゲがっ!おぬし(主に私の)ツボを心得てるのう…

「cafe et cigaratte.」
直訳のフランス語で珈琲と煙草、ですかね。
スランプの絵描きと画商のお話(×の関係はみられず)。
よくある勘違いですれ違って失恋しかけたお話なのですが、
恋をするにつれて苦手だった珈琲を飲めるようになった…というのが、
インパクトは弱いながらもさりげなく後を引いて好印象です。

「Rock'n in my head.」
ロッカーと元ギタリストのおっさんのお話(上に同じ)。
敢えて言おう、オヤジ、ではなくおっさんでアル中で無精ヒゲです。
俺のためにギターを弾けって傲岸不遜もいいとこですよね。
時代を超えてゴーマンに自分を欲しがる人間に出会うとは…
幸せなのか、不幸せなのか。

「nero」「モノクローム」
BLと見せかけておいて、実は(特に nero は)童話でした。
あ、でもこの程度ならBLに入るのかも…
最初読み始めたときは、死に掛けのじいさん×双子かっ!?
さすがにオヤジ好きでもじいさんと青年2人は状況的に萎えるっ!と
危惧したのですが、なるほど素敵なトリック…上手い。

「ひぐらし、油照りの路地」 Best!
あらすじ
慶次は42年ぶりに(実家なのか?)京都のお祭りに参加した。
それは、古い友人であり、想い出となっていても
気持ちを引きずっている相手、宗一に会うためだった…

ごめんなさい、一番お気に入りなのにあらすじが凄く短くなりました。
幼なじみだったんだろうな、どこまで関係が深かったのかな、と
推測するしかない部分がほとんどなので、説明ができません…。

でも、その想像を掻き立てさせられるのが、すごく楽しいです。
42年前の記憶に相応しく、靄がかかったように曖昧で、
けれど核の部分はしっかりと見えていて、上手い!

とても悲しい恋ですけれど、別れていなかったら宗一の孫にも
会えていなかったのだろうな、と思うと…感慨深いものがあります。


オススメしてくださった皆様、ありがとうございます!
面白かったです〜。今度は私がオススメです!

P.S.既読の方へ
カバー裏がアメコミ風、読まれました?
このセリフが…ププ。確かに最初は乗られてますねw
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |