-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ショーが跳ねたら逢いましょう』/えすとえむ | main | 恒例になりつつある、購入本日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ベビー・エンジェル』/綺月陣(みなみ恵夢)
昨日のカウンタがおかしい事になってました。

リンク元を辿ってみたらやはり、ニュースサイトに飛びました。
ブログができてからですよね、様々なニュースサイトができて
連続して同じ記事をとりあげて伝播するかたちは。
しかし、それにしてもニュース・まとめ系のブログは
ゆるい(記事が少ない)サイトはあるものの、よく更新が
続けてできるな、と感心してしまいます。
パッと簡単にできるものなのでしょうか…あれは。
ん〜…私にはできないだろうなぁ、寸評も苦手ですし。

…ヒマなので縦読みを作成してみました。すぐ上の8行分です。

全然作品と関係ない遊びはここまでにして、
作品の感想へ行きますか…幼なじみ+子育て奮闘記です。
かなりネタバレです。




ベビー・エンジェル
綺月 陣著オークラ出版 (2003.11)
[BK1][Amazon]

☆あらすじ
『泣くな。俺が嫁にもらってやるから』
それは本郷龍介(ほんごう・りゅうすけ)が4歳年上、幼なじみにして
従兄の朝倉桂(あさくら・けい)に対して子供の頃から繰り返してきた言葉。
それは龍介が21歳になってラーメン屋を構え、桂が教師となった今も同じだった。

ところがある日、桂に女が出来た。それはなんと教え子だった上、
その彼女が妊娠・死産し、急に子持ちヤモメになってしまった…!
その出来事に裏切られたと感じても、桂を守りたい龍介だが、
無防備に頼ってくる桂、子供の天真の世話に大混乱してしまう…

*   *   *   *   *   *

正直、この本に対してはあらすじを読んだだけで
トンデモ系を確信(期待とも言う)していたのです。
著作の多くがトンデモ系かドロドロ系の綺月陣さんですしね。
けれど、設定のほかは意外にリアリティがあるお話でした。

というのも、なんと言うか…作中に出てくる通り、
夫夫(ふうふ)生活のお話がメインだからです。

旦那(もちろん攻め)の赤ちゃんの抱き方がぎこちなかったり、
首が据わっていないからお風呂で四苦八苦したり、
Hの途中で赤ちゃんが起きちゃってそっち優先したら喧嘩したり…
恋と連動しているんですが、それよりも所帯染みてる!
障害になるのも当て馬よりも愛する息子ですし…
でも子供がちっちゃい時はそっち優先なのは仕方がないですよねぇ。

1人増えるんだから人間(夫婦)の関係が崩れるのは仕方がないこと、
3人が揃って幸せ、という意見には大賛成でございます。
私はゲイだから甥っ子とその家族を見てそう思うのですがね。


と、まともなように書きましたがやはりトンデモな一面も…
1・潤滑油にごま油を使う。
 ラーメン屋って設定はそのためなのですか?
 しかも嗅いで香ばしいって…(絶句)。
2・スパンスパン
 マンガならまだしも、BL小説でこの接触音を目にするとは思いませんでした。
3・当て馬と思いきや、ハイパーショタコン。
 1歳にもならない子供に惚れるって…(とっくに絶句)
 源氏でもありえ無いって。

などなど、トンデモ本としての期待も裏切らない出来でありました。
トンデモ系を読みたいときにも、家族ものを読みたいときにも
なかなか期待を裏切らない作品です。
あ、あらすじの女性に関してはさほど暗すぎない展開だったので、
気になってしまいそうな方も大丈夫だと思います。
気が向いたらどうぞ〜。


縦読みの答え:「リブレ出版」でした〜。って、誰でもわかるかw
| [BL・小説]綺月陣 | 22:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:49 | - | - |