-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『こいつが18なら俺40』/オオヒラヨウ | main | 『月魚』/三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『犬ほど素敵な商売はない』/榎田尤利(志水ゆき)
小説の感想を書くのは凄く久しぶりな気がします。
あ、この1週間で1冊しか書いてなかったのですね…そのせいか。

ま、書かなかった理由は至極簡単、ここのところ、
それほど(私にとって)良い本に出会えてなかったのです。
まーまーかな、って言うのだと結局書かずじまいになるもので。
重なるときは重なってしまうものですね。

そんな気分の時はエダさんで、さらにオススメの多かった
この作品をリフレッシュのためにチョイスしました。

で、読んでみたら…面白い!
そう、積読にしてしまったのではなくて、この日のためだったのだよ、と
ムスカ並みの胡散臭さを吐きつつ、以下ちょいネタバレの感想です。



犬ほど素敵な商売はない
犬ほど素敵な商売はない
榎田 尤利著 / 大洋図書 (2006.6)
[BK1][Amazon]

☆オススメ!!

☆あらすじ

自覚のあるろくでなし・三浦倖生(みうら・ゆきお)は、ホストを辞め、
会員制のデートクラブ「Pet Lovers」にスカウトされた。
そして名目上「犬」として、寡黙で美しい男・轡田(くつわだ)の屋敷に派遣された。

てっきり男と寝るだけだと思っていたら、轡田は本当に
倖生を犬として扱い、厳格な主人として厳しい躾をする。
犬扱いされることへの屈辱と羞恥に、倖夫は憤りを覚え辞退しかけるが、
それは今まで空虚だとしか感じなかった自分の中に感じる正体不明の熱に
浮かされるように、次第に関係性を深めていくことに…

*   *   *   *   *   *

BLでよく見かける「ワンコ」というと、一般的には攻めがあとについたり、
ヘタレがついたりするわけですが、ここでは倖生が犬になります。
その珍しさに比例して「ワンコ」の意味合いも一味違ってきます。

よくあるワンコものでは「キューン…」とか「クゥーン」といった
泣くような表情と、「ハッハッ」という動物的なHですが(それも好きだけど)、
そうではなく、真剣に犬&飼い主としての関係です。

ワンコっぽいよね、のレベルではなく、犬。
はっきり言って、異常。

けれどキャラの背景を見るにつれ、その関係の発展とともに
どんどんと引き込まれました。

犬と飼い主としての関係はかなり変わった出会いです。
けれど、家族に先立たれ、愛するものに置いて行かれてしまった轡田と、
親に愛されず犬として愛されることで空虚を埋めようとする倖生にとって、
絶対的な信頼を持つために必要な過程だったのでは、と思うほどです。

親から愛情を受けない=絶対的な愛情を受けていない、とは
思いませんが、自分なりに考えると、酷く悲しいもの…。

調教の関係が、絶対の信頼になるとは恐れ入りました。
たかが強調ものに終わらせないのがさすが榎田尤利さん…。


二人の異常な関係性が自分の中でOKになるにしたがって、
痛ましかった厳しさが先立った轡田と空虚だらけだった倖生が
どうしようもなくいとおしく思えてきてしまいました。

そして、犬と飼い主という絶対的な愛情が間にあるがゆえに、
調教や躾と言う言葉はとても甘美な響きに…

基本的に調教、躾などの単語は好きではない方なのですが、
SMプレイと同じで、どんなことでもお互いに信頼があれば
「むしろOK」なものになってしまうんだなぁ…と榎田尤利さんの
筆力と自分の許容力にびっくりですw


調教とHを混同しているような作品ではなく、むしろ肉体的な痛みは
ほぼありませんのでそういう単語が苦手な方も心配はご無用です!
自信を持ってオススメです、お試しあれ!

P.S.
しっかし、足舐めのシーンの絵は来た…志水さん、挿絵も上手いですね。
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - |